■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『閉鎖病棟』帚木 蓬生  

閉鎖病棟 (新潮文庫)閉鎖病棟 (新潮文庫)
(1997/05)
帚木 蓬生

商品詳細を見る


とある精神科病棟。重い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった…。彼を犯行へと駆り立てたものは何か?その理由を知る者たちは―。現役精神科医の作者が、病院の内部を患者の視点から描く。淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が絶賛を浴びた。山本周五郎賞受賞作。(「BOOK」データベースより)



たくさんのミステリ作品を書いてる作家さんなので、これもそうかと思って読み始めましたが……推理小説ではなく、ヒューマンドラマというか、文学のような作品でした。

中絶費用を捻出するために売春する女子中学生から物語は始まり、次の章ではいきなり終戦直後の復員兵へと焦点が移るため、読み始めてしばらくは戸惑いました。
でも、淡々とした語り口で精神科病棟の入院患者たちの過去や人間関係が描かれて、やがてそれらが一本に縒り合わさっていく……そんなお話。
殺人事件が起こるのはだいぶ後になってからだし、殺人事件がこの小説の中心ではないので、軽いテンポでさくさく読めるエンタメ小説を期待してると、挫折してしまうかもしれません。
しかし、最後は泣けます。

障害者の中でも、目を背けられることの多い彼らは、家族に捨てられるように20年、30年と病院で暮らし、その間誰も面会に来ないケースもあります。
さらには、犯罪者ですら精神疾患が認められると強制入院となり、警察でさえ目を向けようとしない……実際は開放病棟であるのに、それは閉鎖病棟だと著者は述べています。
いろいろ考えさせられた作品。


★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !
スポンサーサイト

category: は行のその他

thread: 文学・小説 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

『東京伝説―うごめく街の怖い話』平山 夢明  

東京伝説―うごめく街の怖い話 (竹書房文庫)東京伝説―うごめく街の怖い話 (竹書房文庫)
(2003/04)
平山 夢明

商品詳細を見る


著者は『超怖い話』で知られるライターさん。
この短編集も取材を元に書かれたそうで、真偽のほどはわからないのですが……なかなか楽しめます。
というか、そこそこ怖いです。

心霊系ではなく、幽霊等は一切でてこないのですけど、そこがまた現実味があって怖い。
また、舞台が生身の魑魅魍魎が集まる東京ってとこがリアル。
こういう話も書いてみたいなーって思いました。
都市伝説のように多くの人が知っている話じゃなくても、自分が見聞きした『怪談』もあるんで。


暇つぶしに最適な一冊。
(全然暇じゃなかったんだけど!!)



★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

category: は行のその他

thread: ホラー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『チェルノブイリの少年たち』広瀬 隆  

チェルノブイリの少年たち (新潮文庫)チェルノブイリの少年たち (新潮文庫)
(1990/03)
広瀬 隆

商品詳細を見る


広瀬隆氏といえば、原発に反対するノンフィクション作家として、『危険な話』が有名ですね。
この『チェルノブイリの少年たち』は、1986年に当時のソビエト連邦で起きた原子力発電所の火災事故をもとに書かれた『ドキュメント・ノベル』となってまして、登場人物たちは著者の想像によるものです。

事故当時私は出版社で働いていまして、とんでもない事故が起きてしまったことは長い間編集部でも話題になっていました。
あれから20年がたち、チェルノブイリの名前を耳にすることはなくなりましたが、あのニュースを聞いた時の恐怖はいまでも私の胸に残り、現場のその後はいつも気になってはいました。そして今更ながら手にしたこの本。

ノンフィクションと思いつつ期待して手にしたものの、新たな情報などは得られずに残念。それと文章力が今ひとつで、満足度は星3つとなりました。
もっと独自の調査やデータが欲しいところ。

ともあれ、この事故を風化させず、教訓として後世に残すには、このようなノベルという読みやすい形のものも必要かも。


★★★☆☆

にほんブログ村 本ブログへ
click me !

category: は行のその他

thread: ブックレビュー - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

『狗神』坂東 真砂子  

狗神 (角川文庫)狗神 (角川文庫)
(1996/12)
坂東 真砂子

商品詳細を見る


伝奇モノや、横溝正史の世界のような、家系や血筋のどろどろした話って好きなんですけど……これはちょっとつまらなかったな。
先が読め過ぎ。
主人公は私と同じ年なのに、なんだかとっても幼く思えてしまった。文章力の問題?
それともうひとつ。
随所に出て来る胎児の幽霊(?)の描写なんですが、現実味に欠ける。実物の臍帯を著者は見たことがないんだろうなぁ。
あれは赤ではなくて紫がかった青だよ。

恋愛の部分が青臭くて、読んでいて気恥ずかしくなる(ごめん)。


★☆☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

category: は行のその他

thread: ホラー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。