■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『ボトルネック』米澤 穂信  

ボトルネックボトルネック
(2006/08/30)
米澤 穂信

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。不可解な想いを胸に自宅へ戻ると、存在しないはずの「姉」に出迎えられた。どうやらここは、「僕の産まれなかった世界」らしい。



投身自殺した恋人・ノゾミを弔うために東尋坊を訪れた高校生のリョウは、めまいに襲われて転落してしまった。
しかし気づくと自分は怪我ひとつなく地元・金沢にいた。
何が起きたのか理解できないまま帰宅すると、出てきたのは、その家の娘を名乗る同世代の見知らぬ女の子だった。




以前から気になりながらも、これが初・米澤穂信。
結論から言ってしまうと、読みやすい文章ながらもほどほどダークで、すごく私の好みでした。

この作品は、ミステリというよりはパラレルワールドもののSFなんじゃないかな。
主人公が迷い込んでしまった世界は、自分が生まれてこなかったもうひとつの世界で、俯瞰的に見れば違いがなくても、細かなところが違っている。
たとえば、自分がもといた世界では亡くなった人が、別の世界では生きてる、とか。
リョウが直接何かをしたわけではないけれど、『風吹けば桶屋が儲かる』のようにめぐりめぐって、何かが少しずつ違う世界。
じゃあ、どっちの世界が正しいのか。
自分は生まれてこなかった方がよかったんじゃないのか………。
そんなことを主人公が考え始めるあたりで、この『ボトルネック』というタイトルがとても深いと気づきます。
リョウのいた世界では流産で生まれてこれなかった姉のサキが明るくて強いから、ずっと明るい展開を期待させる雰囲気だったのに、そんなに甘くはないのだよね。



十代の頃、「自分は生まれてこないほうがよかったんじゃないか」なんてこと、誰しも一度は考えたことがあるでしょ?
「もしも自分が生まれてこなかったら、この家族はどんなだったんだろう」とか。
そんな想像をした時に、自分のいない世界(家族や学校といったレベルだけど)の方が、ずっとずっと上手くいってるように思えてしまうのは、けして少数派ではないと思う。
私のイメージする“青春”て、暗くてドロドロしてて、馬鹿正直で嘘つきで、やり場のない怒りや嫉妬に振り回される混沌としたお年頃。
だからなおさら、救いのないこの作品が好き。




★★★★★





素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 米澤 穂信

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。