■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『Underground』Peter Viney  


Underground (Storylines)Underground (Storylines)
(1998/10)
Peter Viney

商品詳細を見る


Peter Viney
[Storylines: Level 2]

【あらすじ】終電から始発までの列車が運行していない深夜に、地下鉄の清掃のアルバイトを始めた主人公。
そこで出会う人々と、不思議な出来事。

◇グレーデッド/読みやすさレベル2ぐらい/ヒューマンドラマ

短いストーリーですが、とても面白かったです!
運行時間外の地下鉄という舞台もドキドキするし、使われなくなった駅での冒険も。
ミステリかホラーのような展開ですが、本筋はヒューマンドラマだと思います。


★★★★☆ 



素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Under the Ground』Rosemary Border  


Under the Ground (Bookworms Factfiles Series)Under the Ground (Bookworms Factfiles Series)
(1996/10/31)
Rosemary Border

商品詳細を見る


Rosemary Border
[Bookworms Factfiles Series: Level 1]

【あらすじ】さまざまな『地下世界』を写真付きで

◇グレーデッド/読みやすさレベル2.6ぐらい/ノンフィクション

知らなかったことがたくさん。
文章もほどよい量です。
洞窟や鍾乳洞といった自然の地下空間だけでなく、昔の地下都市(?)や現代の地下街も美しい写真とともに紹介されています。
地学やアースサイエンスが大好きなので、かなり楽しめました。


★★★★☆+



素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Dreamtime Painters』Rob Waring  


Dreamtime Painters (Footprint Reading Library)Dreamtime Painters (Footprint Reading Library)
(2007/09/15)
Rob Waring

商品詳細を見る



Rob Waring
[Footprint Reading Library: Level 1]

【あらすじ】オーストラリアの先住民族・アボリジニが生み出すアートを紹介する

◇グレーデッド/読みやすさレベル1.7ぐらい/ノンフィクション

アメリカならば、いわゆるインディアンアートと呼ばれる芸術があるように、オーストラリアの先住民族であるアボリジニにも、代々伝わるアートがあります。
西洋人による長年の迫害を受けながらも、守り伝えてきた彼らの先祖の『魂』も、近年では土産物などの『商品』となり、また、そうせざるを得ない彼らが抱える問題などにも触れている。

このシリーズを読んでいていつも感心するのは、平易で短い文章ながら、各テーマの知られざる側面や問題点にも言及してること。
ただ「綺麗ですね、すごいですね」じゃないところが、大人の英語学習者を対象としたノンフィクションとして秀逸な点だと思います。

日本では多読が人気なようなので、ぜひおすすめしたいシリーズです。


★★★★☆


*このシリーズと著者については、こちらのエントリーで触れています。
『Alaskan Ice Climbing』Rob Waring




素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Happy Elephants』Rob Waring  


Happy Elephants (Footprint Reading Library)Happy Elephants (Footprint Reading Library)
(2007/08/26)
Rob Waring

商品詳細を見る



Rob Waring
[Footprint Reading Library: Level 1]

【あらすじ】野生の象の生態などを、美しい写真とともに紹介。

◇グレーデッド/読みやすさレベル1.7ぐらい/ノンフィクション

(かなり面白かったことは覚えてるのに、2年もたったら細かい内容をほとんど覚えていないのが残念! やはりレビューは読後すぐに書かないと、と猛省…)

象がすごく賢いとか家族愛が強いとか、動物図鑑を眺めているだけでは知ることのできなかった生態を垣間見ることができて興味深い本でした。
人間による乱獲のせいで絶滅の危機にあることももっと知らされるべき。
いろんな意味で考えさせられました!


★★★★☆


*このシリーズと著者については、こちらのエントリーで触れています。
『Alaskan Ice Climbing』Rob Waring



素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Snow Magic! 』Rob Waring  


Snow Magic! (Footprint Reading Library)Snow Magic! (Footprint Reading Library)
(2007/10/19)
Rob Waring

商品詳細を見る



Rob Waring
[Footprint Reading Library: Level 1]

【あらすじ】人工雪を作る“職人”の苦労と工夫を紹介。

◇グレーデッド/読みやすさレベル1.7ぐらい/ノンフィクション

スキー大好きなので、人工雪と人工雪マシンには多少なりとも馴染みのあるつもりでいましたが、じつは無知も同然だったとこの本を読んで知りました。
氷点下の空気中に、マシンで水を噴霧すればいいんでしょ?と思ったら大間違い。
角度、高さなど、そこにはさまざまなノウハウが詰まっているのだそうです。
南極まで滑りにくるスキーヤーにはびっくり!


★★★★☆


*このシリーズと著者については、こちらのエントリーで触れています。
『Alaskan Ice Climbing』Rob Waring




素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『The Lost City of Machu Picchu』Rob Waring  

The Lost City of Machu Picchu (Footprint Reading Library 800)The Lost City of Machu Picchu (Footprint Reading Library 800)
(2007/10)
Rob Waring

商品詳細を見る

Rob Waring
[Footprint Reading Library: Level 1]

【あらすじ】“インカの失われた都市”と呼ばれるマチュ・ピチュは、ペルーの山岳地帯、標高8,000フィートの高地にある。考古学上、貴重な遺跡であると同時に、地域の重要な観光資源になっている。


◇グレーデッド/読みやすさレベル1.7ぐらい/ノンフィクション


ピラミッドやナスカの地上絵と並んで世界の謎とされるマチュ・ピチュには、子供の頃に様々な想像をめぐらせながら、写真やイラストに胸ときめかせたものです。
本書では、そういったミステリーよりも、学問と経済の間でどう扱うかという問題点にスポットが当てられていて新鮮でした。
今までのように日々たくさんの観光客が訪れると、そのぶん遺跡は痛んでいくし、かといって、マチュ・ピチュ観光だけで生活が成り立っている町もある。
なるほど。
子供の頃から「一度行ってみたいなー」と漠然と思っていたけれど、まだまだ解明されてないこともたくさんあるわけで、どんなに世界遺産として保護されても、観光客が出入りしているかぎり、痛む一方なのですよね。

ところで、ウィキペディアで調べましたら、マチュ・ピチュについて最近になってわかったこともたくさんあるんですね。
「ほ~」の連続でした。





★★★★☆






素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Volcano Trek』Rob Waring  

Volcano Trek (Footprint Reading Library)Volcano Trek (Footprint Reading Library)
(2007/09/15)
Rob Waring

商品詳細を見る

Rob Waring
[Footprint Reading Library: Level 1]

【あらすじ】エチオピアで活動中のEtra Ale火山で調査する2人の地質学者・FessierとMargaritisの話。世界一古いと言われるこの溶岩を調べれば、地球がどのように形成されたか解明できるとして、地質学者の間では、特別な火山なのだそうだ。


◇グレーデッド/読みやすさレベル1.7ぐらい/ノンフィクション


表紙の写真にあるように、消防士のような服装で摂氏1000℃以上の溶岩に危険を犯しながらも限界まで近づく地質学者。
研究者ってすごいなぁ。
普賢岳の噴火で、海外の地質学者さんが犠牲になったことを思い出していました。

ところで、エチオピアってどこ? と地図で調べましたら、アラビア半島に細い海を挟んで隣接する東アフリカの国で、この火山のあるあたりは巨大な断層に囲まれた狭い三角地帯で非常に特殊なんですって。
地質学のことはよくわかりませんが、たとえばほら、日本列島がのっかってるプレートはマリアナ海溝でフィリピンプレートの下に潜り込んでいるでしょ。
でもエチオピアのあたりでは、逆にプレートがずり出して(上手い表現の言葉が見つかりません……)きているために火山も地震も多いんですって。
マリアナ海溝はご近所なので、プレートが潜り込むイラストとかアニメばかり見せられて育ちました(?)けど、潜り込む場所があれば、出てくる場所もかならずどこかにあるわけで。
それがこの火山のあるあたりだということを、この本で初めて知りました。






★★★★☆






素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Life on the Orinoco』Rob Waring  

Life on the Orinoco (Footprint Reading Library)Life on the Orinoco (Footprint Reading Library)
(2007/10/19)
Rob Waring

商品詳細を見る

Rob Waring
[Footprint Reading Library: Level 1]

【あらすじ】ブラジルとの国境から始まり、ベネズエラを流れる全長2,000km以上の大河・Orinocoの話。流域の熱帯雨林には、オリノコ・アリゲーターやカピバラといった特有の動物が生息し、世界一高い滝・Angel Fallを有する。


◇グレーデッド/読みやすさレベル1.7ぐらい/ノンフィクション


南米のあのあたりだとアマゾン川があるので、オリノコ川というのは聞いたこともなかったのですが、それでも2,000キロもあるのですね。
どのくらい??
日本の本州を南北に往復するぐらいかな?
金や石油のほか、ダイヤモンドの採掘量も多いというのがちょっと意外。
あ、でも大昔はアフリカ大陸と繋がっていたらしいから、わかる気もする。
しかし、こういった埋蔵資源や木材のために年々森林の伐採量は増えていて、このままだと30年以内にはこの熱帯雨林は消滅してしまうそうです。

カピバラの写真が可愛い♪
ちょっと残念だったのは、流域で暮らす動物たちのイラストの中で、カピバラがネズミぐらいの大きさで描かれていること。
そりゃまあ確かに本文中に『げっ歯目でネズミの仲間』とありますけど、カピバラさんは大きいのですよ本当は。
そんなの、ネットで調べればいくらでも出てくるだろうに。





★★★★☆




素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『John Doe』Antoinette Moses  

John Doe Level 1 (Cambridge English Readers)John Doe Level 1 (Cambridge English Readers)
(1999/05/28)
Antoinette Moses

商品詳細を見る

Antoinette Moses
[Cambridge English Readers: Level 1]

【あらすじ】Exeterの路上をさまよっているところを保護された男には記憶がなく、自分の名前もわからない状態だった。収容された病院の担当医師・Coxは、彼にJohn Doeと名付ける。ほどなくしてJohnが退院する頃、Yorkでは女性が殺された事件をBrow捜査官が追っていた。


◇グレーデッド/読みやすさレベル1.6/4,500語/サスペンス


なんとなくまどろっこしい展開です。
特にJohnの独白のような部分はいらないかも?
それとも、Cox医師が鈍いからかな。
サスペンスとしてのハラハラドキドキは、最後の方だけでした。





★★★☆☆







素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Three Tomorrows』Frank Brennan  

Three Tomorrows Level 1 Beginner/Elementary (Cambridge English Readers)Three Tomorrows Level 1 Beginner/Elementary (Cambridge English Readers)
(2007/01/15)
Frank Brennan

商品詳細を見る

Frank Brennan
[Cambridge English Readers: Level 1]

【あらすじ】風刺の利いたいたオチのある3つの短編を収録。

『Spam』5年後のイギリス。
毎日大量に送られてくるスパムメールに頭を抱えるJoe。ウィルスなどのトラブルには、PCを扱い慣れている14歳の娘・Luiseが対処してくれていた。しかし、友達としばらくキャンプに行っていたLuiseが帰宅してみると、両親がネットショップで必要のない物を買いまくっていた。

『A Flower for Lumus』2106年のパリ。
動物も植物も絶滅した世界で、“ヘルパー”と呼ばれる機械たちに細々と雑用をこさせ、LumusとFleurの夫婦は不自由なく暮らしていた。しかし妻のFleurは、人間そっくりだけれど人間ではないヘルパーが、人間と同じように飲食もすることが好きではなかった。ある日、コンピューターが望みどおりの自然を作り出す“サンルーム”で過ごした後、夫のLumusが倒れてしまう。

『Zima's Last Dream』1500年後のどこか。
“The Machines”が支配する世界で、Zimaはひとり静かに昔を思い出していた。夫のNiko、愛しい子供たち……Zimaはガラス容器に生きたまま保存された、たくさんの脳の最後の生き残りだった。


◇グレーデッド/読みやすさレベル1.5/4,700語/SF


本そのものが20ページほどしかないのに、その中の短編集ということでまったく期待せずに読み始めたんですが、空恐ろしい読後感の作品ばかりでとてもよかったです。
『Spam』を除く2作はSFの王道というか、どこかで同じようなアイディアの作品を読んだ(観た)ような気もしますけど、まさかこんな短い、しかもボキャブラリー数の少ないグレーデッドで楽しめるとは思いませんでした。
かなりおすすめ。






★★★★★









素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。