■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『月の扉』石持 浅海  

月の扉 (光文社文庫)月の扉 (光文社文庫)
(2006/04/12)
石持 浅海

商品詳細を見る


(アマゾン「BOOK」データベースより)
沖縄・那覇空港で、乗客240名を乗せた旅客機がハイジャックされた。犯行グループ3人の要求は、那覇警察署に留置されている彼らの「師匠」を空港まで「連れてくること」。ところが、機内のトイレで乗客の一人が死体となって発見され、事態は一変―。極限の閉鎖状況で、スリリングな犯人探しが始まる。各種ランキングで上位を占めた超話題作が、ついに文庫化。



---------------


平積みのポップと表紙に惹かれて買ってみたんですけど、期待はずれでした。

トリックらしいトリックはひとつだけ。
ほかに興味深いのは、強いて挙げればハイジャックの手法かなぁ。
キャラ設定や、ハイジャックや殺人に至るまでの動機にも深みがないような気がしました。
ラストも余韻があるとの表現もできるかもしれませんが、それまでが盛り上がりに欠けたので、すっきりしないで終わった感じです。


これでも2004年の『このミス』で8位ですってよ!?
ちなみに第7位は『クライマーズ・ハイ』、第6位が『陽気なギャングが地球を回す』だそうです。



★★☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !
スポンサーサイト

category: 石持 浅海

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。