■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『ブルータワー』石田 衣良  

ブルータワー (徳間文庫 い 43-4)ブルータワー (徳間文庫 い 43-4)
(2008/03/07)
石田 衣良

商品詳細を見る


悪性の脳腫瘍で、死を宣告された男が200年後の世界に意識だけスリップした。地表は殺人ウイルスが蔓延し、人々は高さ2キロメートルの塔に閉じこめられ、完璧な階層社会を形成している未来へ。「…この物語は平凡な一人の男が、天を衝く塔を崩壊から救う。『ブルータワー』へようこそ! 夢みる力が決して失われる事のない世界へ」(著者による内容紹介)



私にとって初・石田衣良。
事前情報がまったくないまま手に取りましたら、なんとびっくり、SFでした。
小中学生の頃はSFばかり読んでいたので、懐かしくも嬉しい作品でした。
また、著者もあとがきで書いていることですが、最近日本のSFに勢いがないですよね。
でもそれは、30年ほど前にはホラーやファンタジーは今ほど確立したジャンルではなくて、SFの中に含まれていたんだと思います。
実際、私が好んで読んでいたSFも、いわゆるスペースオペラではなく、今で言えばホラーに含まれるようなものが多数でした。

この作品は、スペースオペラではありませんが、タイムスリップ、未来戦争というよくあるSFネタに、911やBird Flu、細菌兵器などタイムリーなスパイスを利かせてます。
そして、劇画やハリウッド映画に出てきそうなキャラたちと友情や信頼関係など、「気恥ずかしいな」と思いながらも目が離せません。
話の流れからして、ハッピーエンドの勧善懲悪、綺麗に丸く収まるんだろうなぁと予測できていても、エンターテイメントとして純粋に楽しめた作品でした。


★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

スポンサーサイト

category: 石田 衣良

thread: SF小説 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。