■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『ユージニア』恩田 陸  

ユージニア (角川文庫 お 48-2)ユージニア (角川文庫 お 48-2)
(2008/08/25)
恩田 陸

商品詳細を見る


「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった。犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だ――。かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い。いったい誰がなぜ、無差別殺人を? 見落とされた「真実」を証言する関係者たちは、果たして真実を語っているのか? 日本推理作家協会賞受賞の傑作ミステリー。(表4より)



北陸のK市であった毒殺事件(犯人は自殺)を元に、当時現場の近所に住んでいた小学生・雑賀満喜子が10年ほどたって、大学の卒業論文としたまとめたものが思いがけなく出版されてベストセラーに。
それからさらに十数年。
作家になることなく、主婦として静かに暮らす満喜子をはじめ、卒論の取材を手伝った後輩や、毒殺事件を担当した警察官など、なんらかの形で事件に関わった人々が語る証言を並べた作品です。


証言は誰かの質問に答えるように書かれているけど、質問者の描写や台詞は一切現われないし、証言している時制がいつなのかもバラバラなので、読み始めてしばらくは戸惑いますが、証言者たちの関係やポジションなどがわかってくると、薄皮を一枚一枚剥がすかのように事件の真相が見えてきます。
でも最後まで読んでも、犯人が誰だとか、どんなトリックだったとか、そういった種明かし的なものは一切ないまま。

じつはこの「なんだかよくわからないまま終わる」パターンの恩田作品があまり好きではないのだけど、なぜだかついつい読んでしまうんですよね。
なぜなんだろう。
それはきっとこの作家さんの文章が、鳥肌立つほど美しいから…かな?
いつも思うのだけれど、空気や温度といった目に見えないものを描くのが本当に上手い作家さんですよね。


今回の作品も好みが分かれるところだと思います。
私もそうなんですが、本格推理と呼ばれる分野が好きな読者は消化不良になるかもしれません。
でも『ユージニア』は、美しくて悲しくて怖い、引き込まれる作品でした。
はっきりとした種明かしがない方が、かえってよかったとも思います。




★★★★★



click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: 恩田 陸

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『月の裏側』恩田 陸  

月の裏側 (幻冬舎文庫)月の裏側 (幻冬舎文庫)
(2002/08)
恩田 陸

商品詳細を見る


初めて読んだ恩田陸。
ホラーやミステリ、青春ものなどさまざまなジャンルを書いてる作家さんのようですね。
色とりどりの比喩が満載で、「とても綺麗な日本語を書かれる方だなぁ」という印象でした。

この作品は、地味にじわじわと恐怖に取り囲まれるようなホラー作品で、派手さはないけれど私好みです。
九州の柳川市をモデルにしたと思われる、至る所に堀が廻らされた架空の町を舞台に起こる連続失踪(誘拐?)事件の真相を追ううちに……という、じっとりとしたお話。
考えてみれば、こういう『日常の裏側』とか、『気づかぬ所で起きている何か重大で恐ろしいこと』といったお話が大好きで、小学校高学年~中学生の頃には筒井康隆や星新一などを貪り読んでいたことを思い出しまた。

ただ残念なのはこの作品、なんだか中途半端に終わってるような印象なんです。
最終章は、何が言いたいのかよくわからず、「え?恋愛小説?」と、それまできりきりと絞り上げられるようだった恐怖感が一気に醒めるというか……。
いくつかの伏線もそのまま流れてしまっていて、非常に残念。
キャラクターたちもみな魅力的なのになぁ。


★★☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

category: 恩田 陸

thread: ホラー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。