■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『水晶のピラミッド』島田 荘司  

水晶のピラミッド (講談社文庫)水晶のピラミッド (講談社文庫)
(1994/12)
島田 荘司

商品詳細を見る


御手洗潔シリーズ。
ハリウッド女優の松崎レオナが登場する、『暗闇坂の人喰いの木』に続く2作目です。

700ページ以上ありますが、謎解きが始まるのは半分あたりにきてから。
大昔のエジプト・ファラオ時代の悲恋物語(?)と、タイタニック号の悲劇が交互に進み、果たしてこれは推理小説なんだろうか、話はどこに向かっているんだろうか、と思いつつも、目が離せない展開でドドドドッと読めます。
全く関係なさそうな話が繋がっていき、最後の最後まで油断できません!

今回は石岡くんも登場するし、鬱になってる御手洗さんもちょっと可愛い。
『アトポス』のレオナはちょっと鬱陶しかったけど、本作品では憎めない感じです。

……レオナ、ちょっと羨ましい……けど、え?御手洗さんと石岡くんは?
と、謎を残しつつ終了(笑)


★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

スポンサーサイト

category: 島田 荘司

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『 アトポス』島田 荘司  

アトポス (講談社文庫)アトポス (講談社文庫)
(1996/10)
島田 荘司

商品詳細を見る


もうだいぶ前に『暗闇坂の人喰いの木』を読み、『水晶のピラミッド』を飛ばしてこちらを先に読んでしまいましたが、この3作は微妙に続いているようなので、順番どおりに読んだ方がいいみたいです。


分厚いです。
一冊の文庫本にして1000ページ近くあり、お布団の中で読むにはちょっと辛いです。
さらに、前置きの『昔話』が非常に長くて夢に見そうなほど恐ろしいです。

本題は松崎レオナ再登場で、舞台はハリウッドから死海の畔へ。
毎度のことながらグロいシーンがいっぱい、しかも今回は赤ん坊が被害者なので正視するには辛いのですが、トリックは大掛かりだし密室モノもあるし、『昔話』も『サロメ』も最後まで読めば繋がっていきます。
しかもこの作品のタイトルがキーワード!!

御手洗さんは本当に最後の方にしか出てきませんが、登場の仕方もカッコイイですよ~


余談ですが、私もLA近郊に住んでいるので、ハリウッドやLAのシーンがとても楽しめました♪
それと同時に、島田先生からの『アメリカで頑張る日本人への応援歌』のように感じる箇所がいくつもありました(^^)
(反省を促す箇所も多々ですが)


★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

category: 島田 荘司

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『 ネジ式ザゼツキー』島田 荘司  

ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)
(2006/10/14)
島田 荘司

商品詳細を見る


島田荘司の作品は、一冊読むと次から次へと読みたくなってしまうので、夏休みにしか読まないことにしてるんですが、これはもう長いことタイトルが気になっておりまして、ついに手を出してしまいました。
だって、ネジ式ですよ?ネジ式!!
つげとは無関係とわかっていても、気になるじゃないですか(笑)


スタイルは、島田先生お得意の“作品の中に作品がある”入れ子式。
長いですが、ぐいぐい引っ張られてあっというまに読了、という感覚です。
読む前には、
「作中にファンタジー作品が挿入されてるって? んー、ファンタジーは苦手なのよね」
と引き気味でしたが……ただのファンタジーじゃないです!
だって島田荘司だもん(笑)

それにしても御手洗サン、いつから脳科学者になっちゃったの!?
まるで別人みたいに丸くなったし。
石岡くんが出てこなくてちょっと寂しいです。


生臭い匂いまで漂ってきそうなほどグロいシーンもありますが、最後はやはり島田節ですね♪


★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

category: 島田 荘司

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。