■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『闇の子供たち』梁 石日  

闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
(2004/04)
梁 石日

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。



あまりの内容の重さと後味の悪さに何も書く気になれず、いろんな方のレビューを読み歩いておりました。
そこで驚いたのは、「これはフィクションだ。鵜呑みにするな」、「著者は在日韓国人だ。騙されるな」、「正義感の押しつけだ」などといった意見もちらほらと存在していたこと。

ええ、これはフィクションです。
作り話の小説です。
しかし世界では、この小説に書かれているような残酷で正視できない児童虐待が日常的に行なわれている国が、本当にあるんです。


わたくしごとですが、1年ほど前、大学のライティングクラスで20枚ほどのリサーチペーパーを書く課題がありました。
与えられた20件ほどの賛否の分かれる社会問題の中から、私は『Child Labor』(子供の労働)を選んで調べ始めました。
ここアメリカでだって、第2次世界大戦前までは、義務教育もろくに受けずに働く子供はたくさんいたし、現在の日本でも、日常的に家業を手伝う子供はたくさんいる。
それが発展途上国や、餓えや病気で子供の死亡率が高い国では、子供が働くのなんて生きていくためには当たり前でしょ?などと奢った気持ちで調べ始めました。
でも現実は……。

(追記あり)



★★★★☆



click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

category: 梁 石日

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。