■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

このミステリーがすごい! 2009年版  

このミステリーがすごい! 2009年版このミステリーがすごい! 2009年版
(2008/12/05)
『このミステリーがすごい!』編集部

商品詳細を見る


1年の締めくくり的お楽しみ、『このミス』の季節が今年もやってきました。
ああ、ミステリ本のランキングにワクワク胸躍らせられる平和な世界が続いていてよかったなぁ(笑)

このミス読者としてはまだまだビギナーなので、過去の版と較べてどうのとは言えませんけど、今年も本選びの指南役としてありがたいものとなってます。
いろんな意見を目にしますけど、内外ともに1位の作品は確かに面白いと思いますよ私は。
(今年の1位、『ゴールデンスランバー』と『チャイルド44』は私も読みました。すっごく面白かった!)

今年のランキングで「へぇ~」と思ったのは、道尾秀介さんの作品が2つもランクインしてること(6位『カラスの親指』、10位『ラットマン』)。
この作家さんはデビュー間もない頃の作品を読んだことがあって、感想としてはいまひとつな感じだったので、今回の2作品のランクインが何だかとても嬉しかったのです。
どちらもこの前の夏の帰国時に、本屋に行くたびに買おうかどうしようか平積みの前で悩んだ挙げ句、結局買わずに帰ってきたことを後悔。

海堂尊さんの書き下ろしショート、『青空迷宮』が収録されてて嬉しかったです!
加納警視正と玉村警部補を思いがけないところで読めて得した気分。
二人はまだお遍路には行ってないみたいですね。
ふふ。



★★★★☆




click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: その他ムックなど

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

今年最高の本 2008  

ダカーポ特別編集 今年最高の本 2008 (マガジンハウスムック)ダカーポ特別編集 今年最高の本 2008 (マガジンハウスムック)
(2008/12/10)
マガジンハウス

商品詳細を見る


表紙に

新聞雑誌の書評担当者、「本の虫」書店スタッフ、話題の作家、旬の評論家、時代を先読みする学者・ジャーナリスト……本当の本好きが寄ってたかって選りすぐった409冊+αを一挙紹介!


とあるように、この本でのランキングづけではなくて、本のプロ、著名人、作家などさまざまな人たちが2008年の面白かった本を順位づけて紹介しています。

まず目を引いたのは、4ページ目で『新聞、雑誌の書評担当者が選ぶ本当に面白かった本』と題して挙げられた1位から3位までの本。
1:伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』
2:平野啓一郎『決壊』
3:百田尚樹『BOX!』

ジャンルをくくっているわけではないので、もちろん『このミス』とは違った選出です。
ちなみに『決壊』は『このミス』では13位でした。


雑食な私としては、『このミス』よりももっと本が読みたくなる本でした。

追記には、過去9年間の『書評担当者が選んだ最高の本』ベスト3を書いておきますね。



★★★★★




click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
-- 続きを読む --

category: その他ムックなど

thread: 書評 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

もっとすごい! このミステリーがすごい!   

もっとすごい! このミステリーがすごい! (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ)もっとすごい! このミステリーがすごい! (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ)
(2008/02/07)
不明

商品詳細を見る


内容紹介
『このミステリーがすごい!』の20周年を記念し、『このミス』の魅力を1冊に詰め込んだ永久保存版を刊行します。大沢在昌、志水辰夫、天童荒太、宮部みゆきなど歴代の1位作家の方々、ミステリー好きの各界著名人の方々等に、時代を切り拓いてきた『このミス』の思い出を披露してもらいます。また、過去20年でもっとも面白かった本を選ぶベスト・オブ・ベストを例年の『このミス』同様ランキング形式で選出。必見です。(アマゾンより)



ぎゃはー! また買っちゃった!!

『このミス』20周年記念ということで、20年の総括ベスト10と、人気ミステリ作家さんへのインタービューが読みたくて!!

バックナンバーと重複する部分が多いですが、それでも『ベスト10』には満足かな。

欲を言えば、海外ミステリの原題もわかるとよかったなぁ(って、『このミス』では毎回思うのだけどw)。


★★★★★

category: その他ムックなど

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

この文庫がすごい! 2007年版  

この文庫がすごい! 2007年版 (2007)この文庫がすごい! 2007年版 (2007)
(2007/07)
「このミステリーがすごい!」編集部

商品詳細を見る


こちらは夏に出版されたので“いまさら感”もありますが、前回の『このミステリーがすごい!』が面白かったもので書店で見かけて衝動買い。
(それにしても税別790円のムックが11.10ドル=定価の1.5倍以上って高すぎる!)

ジャンルを問わず、2006年4月~2007年3月に出版された『面白い文庫本』が紹介されてます。
さらに、過去20年間の『このミス』から名作を発掘&歴代ベスト20一覧表が素晴らしいです!
個人的なことを言うと、つい数日前にネットで『このミス』の歴代ベスト20を見つけたものの、右クリックができなくて「う~ん…」と唸っていたところだったので、これはBOOK-OFFへ行く際の必携となりそう。

読み物としても楽しい本ですが、文庫派の私としてはかなり実用度が高いです。


★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

category: その他ムックなど

thread: ブックレビュー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

このミステリーがすごい! 2008年版  

このミステリーがすごい! 2008年版このミステリーがすごい! 2008年版
(2007/12/05)
このミステリーがすごい!編集部

商品詳細を見る


『このミス』が20周年ですって!!
それなのに……じつは私、今回初めて購入いたしました。
だって今回は特別価格でお安かったんですもの♪

これまではランキングのみ店頭でチェックしておりまして、じっくり読むのはもちろん今回が初めて。
なので、これまでの『このミス』と比べてどうこうとは言えないのですが……純粋に楽しかったです!
500円でこれだけ楽しめるムック本なら、超お買い得なのではないでしょうか。

特に『人気作家59名によるエッセイ』が面白かったです。
“私の隠し玉”と称した、現在執筆中の作品や間もなく出版予定のほのめかしもさることながら、『20年前の自分が何をしていたか』というエッセイが、とても楽しかったです。
ベテラン作家さんは現在も続いているシリーズ物にすでに取りかかっていたり、「え?この作家さん、こんなに若かったんだ」と、もう何冊も出している方が20年前は小学生だったり、女性作家さんの中には離婚して生活のために書かざるを得なくて作家になった方、などなど。

あ、欲を言えば、海外作品ベスト10では、原題(英語)も1行でいいので書いて欲しかったです。
こちらの書店で探しやすいので。


今回の国内ベスト10はまだしばらくは文庫にはならないでしょうから、『08年版このミス』でチェックした本は、数年後までとっておきます。
(ハードカバーの新刊は定価の2倍近くするので、ちょっと手が出ません)


★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

category: その他ムックなど

thread: ブックレビュー - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。