■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『悪人』吉田 修一  

悪人悪人
(2007/04/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
保険外交員の女が殺害された。捜査線上に浮かぶ男。彼と出会ったもう一人の女。加害者と被害者、それぞれの家族たち。群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。



ああ、もう、なんというか……やりきれない話です。
悲しい、というのとも違う……「やってらんないよ。誰か何とかしてあげてよ」って、ずしっときて、しばらく胸にぽっかり空洞ができてしまうような読後感。
ミステリなんですが、人間というものをすごく深く書き込んだ作品で、日頃恋愛小説はほとんど読まない私でも、逃げる二人のお互いを思い合う愛情(これはもう純愛と言ってもいい)に胸が締め付けられるようでした。

法では裁けない悪人たちが、のうのうと生きているのが恐ろしい。
結果的には殺人を犯してしまった人でも、そこに行き着くまでのことを思えば、救いはないのかと叫びたくなる。


この作家さんの作品を読むのは初めてでして、恋愛小説を書く方だとずっと思い込んでいたんです。
でもこの『悪人』は、張られた伏線を最後にはきちんと回収してくれるミステリとしての爽快さも巧みだし、疑うことなく犯人だと思っていた人が、「あれ?もしかして違う人?」と途中で疑わせる叙述も上手いです。
犯人、被害者、そして犯人と一緒に逃亡する女性の3人だけではなく、親族や友人などの立場で描かれるパズルのピースのような物語が合わさって、全体像が見えてきます。
そして作品の最後の方で、おそらく聴取のような形で語られる人々の話を総合してみると、本当の“悪人”は誰だったのかと溜息が出てしまいました。

それからこの作家さんは、人の心情の小さな動きを表現するのが見事ですね。
温度や匂いや空気を使って。
『体温には匂いがある』ってくだりにはすごく共感しました。
あと、『デートが終わったとたんにもう会いたい』ってとこも。


なんかベタ褒めしちゃってますけど、ミステリとしても恋愛小説としても、人間ドラマとしても一級の作品だと思いました。
映画化されないかなぁ。
あ、いや、映画化されると原作のイメージが崩れることのが多いから、それはやめてほしいかな。
うん。



★★★★★





click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

category: 吉田 修一

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。