■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『The Cask of Amontillado』Edgar Allan Poe  

せっかく(?)文学の授業を受けているのだから、授業で取り上げられた短編やポエムの話題も時間の許す限り書いていこうと思います(^^)



今学期に取ってる英米文学入門の授業なんですが、週1回で3時間、じっくりまったりディスカッションや解析を行なっております。
で、今週のお題はエドガー・アラン・ポーの『The Cask of Amontillado』(邦題:アモンティラードの樽)でした。

アメリカの文学史上、最も文壇に影響を与え、人気を博した短編小説作家ということで取り上げられたポー。
19世紀に生き、70の短編小説と100の記事、4冊の詩集、1冊の長編小説、1冊の哲学書を残して、40歳の若さで亡くなっています。
ポーといえば、アル中に近い酒飲みであったことが知られおり、死因も酔って路上に倒れていて病院に運ばれたもののそのまま亡くなったそうなんですが、教授の講義によると、人柄としてはとても穏やかな人で、良き友、良き夫だったらしいです。
早くに両親を亡くし、引き取られた先ではあまり幸せではなかったようですが、27歳の時に13歳のヴァージニアと結婚し、溺愛して幸せに暮らします。
しかしそれも長くは続かず、ヴァージニア19歳で結核を発症し5年後には亡くなってしまいました。
それからのポーの生活はすさんだものだったそうです。

早かった両親の死、病床の妻、そしてアルコール漬けの生活だったためか、ポーの作品にはいつも死の陰がつきまとい、小道具として酒が頻繁に登場します。
今週授業で取り上げられた『The Cask of Amontillado』(『アモンティラードの樽』)もそのひとつ。


アモンティラードとはワインを熟成させたシェリー酒をさらに寝かして作ったスペイン発祥の珍しいお酒。
そのアモンティラードを大樽で手に入れたから、と、恨みのある酒好きの友達を言葉巧みに自宅の地下墓地(カタコンベ)に誘い込み、最後には生きたまま壁に塗り込んでしまうという残酷な復讐のお話です。



↓授業で見せてもらった動画。すっごく綺麗だし、曲もいいです





↓ポーの短編集はいろんなとこから出てるので、探せばいろいろありそうですが……

Edgar Allan Poe's the Cask of AmontilladoEdgar Allan Poe's the Cask of Amontillado
(1982/05)
David CuttsEdgar Allan Poe

商品詳細を見る



↓日本語でしたら、ここに収録されてます。この翻訳者さんは有名ですね

黒猫/モルグ街の殺人 (光文社古典新訳文庫)黒猫/モルグ街の殺人 (光文社古典新訳文庫)
(2006/10/12)
ポー

商品詳細を見る




★★★★☆




追記に細かいあらすじと解説があります。
ネタバレしてます

click me !
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

category: 授業で取り上げた短編

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。