■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『ジョーカー・ゲーム』柳 広司  

ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。



トム・ロブ・スミスの『チャイルド44』を読んだあとなので、スパイ・ミステリーと聞いて、アクションや流血シーン満載の頭を使うファシズムを舞台としたハードボイルド(なにそれw)を想像していたんですが、全然違いました。

著者が陸軍中野学校からヒントを得たという、スパイ養成学校の生徒たちと創立者・結城中佐が活躍する短編集。
どの作品も無駄な文章は一文もなく、派手な大立ち回りや感情の起伏を押さえたような展開の中に騙し合いが繰り広げられます。
巧妙なトリックを仕掛けたり、仕掛けられたトリックを見破ったりと、スカッとする作品です。
『スタイリッシュなスパイ・ミステリー』という紹介文に、「なんなんだ一体それは」と首をひねったんですけど、簡単に言ってしまうと、カッコイイんですわ。

全編を通して登場する結城中佐がすっごく素敵。
ストーリーが面白かったせいもあるけど、字も大きいし紙も厚いし、あっという間に読み終わってしまった感が残念。
このキャラと設定で長編を希望♪



★★★★☆



click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

category: 柳 広司

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。