■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『Kira-Kira』Cynthia Kadohata  

Kira-kiraKira-kira
(2006/12/26)
Cynthia Kadohata

商品詳細を見る


1950年代、日本がまだ貧しかった頃のジャパニーズ・アメリカン家族のお話。
アイオワで経営していた食料品店がうまく行かず、親戚のつてで仕事を求めてジョージアへ引っ越さなければならなかった一家。
当時のジョージアでは、日本人はまだまだ少数で、差別を受けることもしばしば。
仕事を得たものの劣悪の労働環境と低賃金で、一家の生活は苦しいままだけど、仲の良いタケシマ一家は愛し合い、助け合って暮らしています。
とくに小学校低学年の主人公、ケイティは、姉のリンに誰よりも愛され、ケイティもまた、リンを誰よりも信頼している仲の良い姉妹。
成長するにつれ、少しずつ変化していく少女たちの関係と心境が鮮明に描かれ、それでも「いつかカリフォルニアの海の近くに住もう」という同じ夢を持ち続け、日々の“きらきら”を見つけては、明るく暮らしている2人……しかし、突然の不幸が一家を襲います。


今の私たちからは想像もできないほど、厳しい生活を送っていた当時のジャパニーズ・アメリカンたち。
でも、ケイティの視点で語られるこの本には、悲壮感はなく、とても楽しそうです。
経済大国日本から、日本人の多いこのカリフォルニアに移住してきた私たちでさえ、白人から受ける差別に凹むこともたびたびあるのに、ケイティたちははるかに、それ以上の差別の中で生きてきたんだなぁって、私まで胸が苦しくなりました。
最後、泣けます。

著者は日系アメリカ人で、もちろんイングリッシュスピーカー向けに書かれた本ですが、日本人の考え方や風習も随所によく書かれています。
小学校低学年向けの本とのこと。
でも内容的には、中学生ぐらいの子に読んで欲しいと思いました。
もちろん、このままジャパニーズ・アメリカンになる可能性大の11歳のうちの娘にも読んで欲しい。

2005年ニューベリー賞受賞

★★★★★
my total=1,595,396語/110冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

スポンサーサイト

category: 絵本/児童書/YA

thread: 洋書の児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Bloodline』Sidney Sheldon  

BloodlineBloodline
(1988/11/15)
Sidney Sheldon

商品詳細を見る


各国に支社を持つ、世界トップシェアの製薬会社、Roffe and Sonsの社長が事故死した。
創業以来100年以上に渡る徹底した家族経営を行ってきたが、社長の死後、その椅子を継いだ一人娘のエリザベスに、従兄弟とその夫たちである重役陣は株式公開を激しく迫る。が、それを拒んだエリザベスに、暗殺者の陰が忍び寄る。


前半は、各国の支社を任されている従兄弟とその夫たちのバックグラウンドや状況が延々と説明され、ダルくて挫折しそうでした。
でも後半から猛然とスピードアップ。
しかも前半の人物説明が重要になってくるので、前半を読みながら、要点をメモしておけばよかったー。
最後までどんでん返し。
全ての登場人物が疑わしくて、ハラハラしました。

100年前の会社設立のエピソードが興味深かったです。

★★★★☆
my total=1,551,194語/109冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

category: ミステリ/ホラー

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Of Mice and Men』John Steinbeck  

Of Mice and MenOf Mice and Men
(2002/01/03)
John Steinbeck

商品詳細を見る


舞台はちょっと昔のカリフォルニア。正確には何年頃なのかしら。
小柄で利発なジョージと、体は大きいけどちょっと頭の弱いレイニーは腐れ縁。
仕事を求めて農場から農場へと旅する2人は、いつか2人で土地を買って、イチゴとアルファルファを植えて、ウサギを飼うことを夢見ている。
時にはレイニーを疎ましがってるジョージだが、なぜか切り捨てられない。
そんな2人が新たに仕事を得た農場で、レイニーが取り返しのつかない事件を起こしてしまう。


英語レベルは難しめ。
なまりの強い台詞に苦戦して、スタインベックにしてはかなり短いストーリーでしたが、読むのに時間がかかりました。

アメリカがまだ貧しかった時代、人種差別も色濃く、登場人物一人一人がそれぞれの夢をもって、幸せになりたいともがいているのに、人生は思い通りにいきません。
全体が焦燥感に包まれていて、やるせないストーリーです。
そしてラストでは、深い友情があったがために、相手を愛するがために、悲しすぎる結末です。
「何のために生まれてきたんだよ、この人たちみんな!」と叫びたくなるような話でした。

翻訳版でももう一度読みたいです。

★★★★★
my total=1,453,847語/108冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

category: フィクション

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『More Perfect than the Moon』Patricia MacLachlan  

More Perfect Than The Moon (Sarah, Plain and Tall Saga)More Perfect Than The Moon (Sarah, Plain and Tall Saga)
(2005/08)
Patricia MacLachlan

商品詳細を見る


『Sarah, Plain and Tall』の第4話。

前作では4歳だったキャシーも3年生になり、日記をつける番に。
毎日ネタを探しては、コソコソと家族みんなを観察してるキャシーが、最近のママの様子がいつもと違うことに気づく。
「病気なの?」と不安になって、みんなに聞いて回ると、赤ちゃんが生まれるらしい。



驚いたのが、第1話で痛々しいぐらい大人びていた長女のアンナと、この第4話のキャシーが同じぐらいの年齢だということ!
赤ちゃんが生まれると知って、不安と嫉妬で張り裂けそうなキャシーの言動にちょっとイライラもしてしまったけど、周りの家族一人一人がそんなキャシーをフォローする様子に心が温まります。

このシリーズはぜひ第1話から順に読んでほしいです。
ママが死んで寂しく暮らす3人家族が、にぎやかになって、いろんな困難を乗り越えて、成長し、絆を深めていく姿が描かれてます。

★★★★☆
my total=1,424,068語/107冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

category: 絵本/児童書/YA

thread: 洋書の児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Caleb's Story』Patricia MacLachlan  

Caleb's Story (Sarah, Plain and Tall Saga #3)Caleb's Story (Sarah, Plain and Tall Saga #3)
(2002/08/06)
Patricia MacLachlan

商品詳細を見る


『Sarah, Plain and Tall』の第3話。
今度は弟ケイレブの視点で書かれてます。

吹雪の日が続いたある日、サラとパパの間に生まれた妹キャシー(4歳)が、農場で見知らぬ男を見たと言い始める。
初めは家族の誰も信じないが、吹雪の夜、家畜小屋に潜んでいた老人をケイレブが見つけ……。



今度はパパの物語。
長女のアンナが成長して家を出たあと、アンナの後を継いで日記を書く役を言いつけられた弟ケイレブが、突然やってきた見知らぬ男とパパの間に立って奮闘する、言ってみれば男同士、父と息子の確執のストーリーです。
パパの悲しい過去、人を許すということ、そして一家の未来……最後の2ページで泣きました。

★★★★★
my total=1,414,917語/106冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

category: 絵本/児童書/YA

thread: 洋書の児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Skylark』Patricia MacLachlan  

Skylark (Sarah, Plain and Tall Saga #2)Skylark (Sarah, Plain and Tall Saga #2)
(1997/01)
Patricia MacLachlan

商品詳細を見る


先日読んだ『Sarah, Plain and Tall』の続編。

サラがパパと結婚して、安心したアンナとケイレブ。
しかし夏は例年にない日照り続きで、農場の家畜に与える水や草もあやうくなっていく。
近所の人々は、農場を捨てて他の土地へと引っ越して行くなか、アンナの一家はなんとか頑張ろうとするのだけど、ひどい乾燥から火事が起きてしう。
そしてパパの決断で、サラと子供たちだけがサラの故郷の町へ一時的に避難する。



暮らすには厳しい土地だけれど、離れてみて初めて、自分たちがいかに故郷を愛しているか、家族を愛しているかを知る子供たち。
同時に、いつも故郷を恋しがっていたサラの気持ちを初めて知って、子供たちは血の繋がってない新しいお母さんへの愛と信頼を深めていきます。

ああ、家族の繋がりや愛情って、血じゃないんだなぁと再認識しました。
そして、その土地に生まれ、生きて行くというのが、理屈じゃない執着っていうのかな?
結婚して(orしているがために)故郷を離れるのって辛いよな、と、自分を振り返ってみたり、また、自分の奥さんの、一人の人間としての“歴史”を尊重してあげられるパパっていいなぁ、と思いました。

前作も良かったけど、こっちのが好き。

★★★★★
my total=1,400,489語/105冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

category: 絵本/児童書/YA

thread: 洋書の児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Sarah, Plain and Tall』Patricia MacLachlan  

Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1)Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1)
(1987/09)
Patricia MacLachlan

商品詳細を見る


小学校中学年向けかな?
短いお話なんだけど、かなり深いです。
主人公の女の子の弟が生まれた翌日にお母さんが亡くなって、以来、お父さんと3人で寂しく暮らしてる家族。
ある日お父さんが新聞に出した花嫁募集の広告を見て、やって来たのがサラ。
お母さんの記憶がない弟は手放しに喜んでいるけど、主人公はちょっと複雑な気持ち。
そして、わけあって自分の家を出なくてならなかったサラの、いつも故郷を恋しがってる姿を見て子供たちは、やっとできた新しいお母さんまでも失ってしまうのではないかと不安になってしまいます。

短い文章の中でも、静かに、一人一人の気持ちがよく表現されていて、また、だんだんと家族になっていく4人のささやかで、でもかけがえのない幸せが胸にしみます。
大人が読んでも(大人だからこそ?)感動できる一冊。

★★★★★
my total=1,390,081語/104冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

category: 絵本/児童書/YA

thread: 洋書の児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Our Town』Thornton Wilder  

Our Town: A Play in Three Acts (Perennial Classics)Our Town: A Play in Three Acts (Perennial Classics)
(2003/09/23)
Thornton Wilder

商品詳細を見る


カレッジの授業で読んだお芝居の脚本。

ごくありきたりの小さな町に住む、ごくありきたりの家族。
子供たちは成長し、恋をし、結婚をして……やがて死んでいく。
終わらない生と死のルーティーン。
なんの変哲もない毎日。
けれど、ありきたりの日々が、当たり前だと思って生きている毎日が、いかに貴重で美しく幸せなことかと教えてくれる物語です。
読んだ後には必ず、「毎日を大切に生きよう」と思えるはず。

日本語版もあります。
授業で見たお芝居のビデオもすごくよかったなぁ。

★★★★★


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

category: フィクション

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『Holes』Louis Sachar  

HolesHoles
(2000/05/09)
Louis Sachar

商品詳細を見る


小学校高学年向けかと思われる児童書。
ストーリーは、無実の罪で少年院に送られたスタンレーが、更生のためと称して毎日ひたすら穴を掘らさせる話。
でも実は、穴を掘らされるには秘密の理由があって……。

ちょっとミステリっぽくもあり、友情物語あり、悲しい裏話ありで、児童書にしては面白かったです。
ディズニーで映画も作られてるらしいので、ぜひ観てみたいわ。

★★★★☆
my total=1,381,727語/103冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

category: 絵本/児童書/YA

thread: 洋書の児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。