■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『模倣犯』宮部 みゆき   

模倣犯1 (新潮文庫)模倣犯1 (新潮文庫)
(2005/11/26)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


ハードカバーで上下巻、文庫版で全5巻に及ぶこの長編、去年の今頃に興奮状態で3日間で読了しました。

推理小説という言葉ではくくりきれない、さまざまな社会問題や、誰もが持っていそうな心の暗なる部分が犯罪へと膨らんで行く様子、そして登場人物の一人一人の背景や心理描写がしっかり書き込まれているためリアリティがあり、最後まで息のつけない作品でした。
残酷なシーンや涙が出そうになる箇所も多々あって、読後は数日間放心。

ミステリファンでなくても、たくさんの人にお薦めしたい!!


★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
click me !


模倣犯2 (新潮文庫)模倣犯2 (新潮文庫)
(2005/11/26)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

模倣犯3 (新潮文庫)模倣犯3 (新潮文庫)
(2005/11/26)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

模倣犯〈4〉 (新潮文庫)模倣犯〈4〉 (新潮文庫)
(2005/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

模倣犯〈5〉 (新潮文庫)模倣犯〈5〉 (新潮文庫)
(2005/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

スポンサーサイト

category: 宮部 みゆき

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

『天使の囀り』貴志 祐介  

天使の囀り (角川ホラー文庫)天使の囀り (角川ホラー文庫)
(2000/12)
貴志 祐介

商品詳細を見る


怖いというよりは、気持ち悪い、気色悪い作品でした。
ちょっと先が読めた感もありますが、専門的なことをよく調べて書いているなぁと、そういう意味では楽しくもありました。

でも、私のようなacaraphobiaの方にはおすすめできませんね(笑)


ホラーで定評のある貴志祐介を読むのはこれが初めてだったので、もっと他の、『黒い家』や『クリムゾンの迷宮』など違うスタイルの作品も読んでみたいです。


★★★☆☆


素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ


category: 角川ホラー

thread: ホラー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。