■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『あるキング』伊坂幸太郎  


あるキングあるキング
(2009/08/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである両親のもとに生まれた山田王求。“王が求め、王に求められる”ようにと名づけられた一人の少年は、仙醍キングスに入団してチームを優勝に導く運命を背負い、野球選手になるべく育てられる。期待以上に王求の才能が飛び抜けていると知った両親は、さらに異常ともいえる情熱を彼にそそぐ。すべては「王」になるために―。人気作家の新たなるファンタジーワールド。




こういう作品も書いてみたかったのか、はたまた構想段階で仕上げてしまったのか。
もしもこれが初めて読む伊坂作品だったら、「まぁまぁ面白いかな」と思って、次作を見かけたら買おうかどうしようかちょっと迷いもするかもしれない。
でも、『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』に心酔した伊坂幸太郎ファンにとっては、肩すかしのような気がします。
私など、野球には興味も知識もないのでなおさらです。

ただひとつ共感できたのは、子を思う、というか、子供ためならなんでもできてしまう親の愛情……かな。

著者の変化期かしら、とも感じるので、次に期待
まだまだ追っかけるよ~(笑)


★★★☆☆




素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 伊坂 幸太郎

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。