■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013年10月のまとめ  

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1546ページ
ナイス数:1567ナイス

ダンサーダンサー感想
★★★★★  大学の遺伝子工学の研究室で、研究者と助手の惨殺死体が発見される。犯人は、実験で生み出されたトランスジェニック動物とされ、処分されたが……。トレーラーハウスで生活するルポライター・有賀雄二郎を主人公にしたUMAモノを読むのはこれで3作目(今回はUMAではないかも)。かなり好きなSFシリーズだ。酒や車や主に男性が使う小物の名称が随所に出てくる文章も(ハードボイルドっていうのかな?)、ちょっと色っぽいシーンがあるのも、男臭くて大好き。特に同世代のダメ男・有賀がステキ。もっと読みたいシリーズ。
読了日:10月29日 著者:柴田哲孝
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)感想
★★★★☆  7カ国語を操るライター・斉木を主人公にした5作から成る短編集。それぞれ異国の地を舞台に、異なる文化と価値観を背景にしている。全体的にロマンチックというか柔らかい文体と描写で、エキゾチックな雰囲気が味わえて好感。ミステリとしては、新人賞を受賞した冒頭の『砂漠を走る船の道』が秀逸。「なるほど、こういう状況のクローズドサークルもアリだな」と感心しながら読んでいたら、ガツンとやられた。ロシアの修道院を舞台にした『凍れるルーシー』では『薔薇の名前』を思い出した。今後に期待大な新人作家。
読了日:10月24日 著者:梓崎優
Gandhi: Level 2 (Penguin Readers (Graded Readers))Gandhi: Level 2 (Penguin Readers (Graded Readers))感想
★★★☆☆  恥ずかしながらガンジーについては、「上半身裸の老人」「何度もノーベル賞候補になりながら、何故か受賞に至らなかった人」という不謹慎な知識しかありませんでした。 なので、今回このようなサマリー的な文献でも、読んでよかったです。 作品としての面白さはイマイチだったので、また何か別のものでガンジーについて読んでみたいと思います。
読了日:10月11日 著者:JaneRollason
地の底のヤマ地の底のヤマ感想
★★★★★+ 2段組み863ページ。読了に3週間近くかかったが、その間ずっと心持っていかれっぱなしだった。グイグイ読ませるタイプではないものの、作品世界に浸れて幸せだった。三井三池炭坑を中心とする大牟田を舞台に、ある男の警察官人生と炭坑町の変遷を描いている。昭和49年から閉山した現在(平成10年頃と推測)まで4つの時代の4部構成で、元警察官の父を持ち「若手ホープ」と期待された主人公が定年までに直面する4つの事件。彼を取り巻く市井の人々の描写やエピソードが細かく描かれ、とてもリアル。読み終わるのが惜しかった
読了日:10月10日 著者:西村健

読書メーター
スポンサーサイト

category: 本にまつわる雑記

tb: 0   cm: 0

2013年9月のまとめ  


2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:1349ページ
ナイス数:551ナイス

Factfiles: World Wonders (Oxford Bookworms ELT)Factfiles: World Wonders (Oxford Bookworms ELT)感想
★★★★★  『世界の七不思議』的な本かと思いきや、いろんな国の『(驚きを含んだ)素晴らしい場所』を紹介している。 その中には日本の京都も。 すでに知っていた場所もあれば、この本で初めて知った場所もあり、美しい写真とともに大変楽しめた。
読了日:9月28日 著者:
アウトサイダーズ (洋販ラダーシリーズ)アウトサイダーズ (洋販ラダーシリーズ)感想
★★★★★ 易しい英語なのに、すごく面白かったです。 裕福な人とそうでない人たちが自然に分かれて住む町の西と東。 それぞれの不良グループが対立する中で起こる悲劇と、同時進行で描かれる友情や家族愛とか兄弟の絆とか…… 泣ける話じゃないのかもしれないけど、不覚にも3度泣いてしまった。 キャラたちが自分の子供と同じぐらいだったせいもあるかもしれない。 詳しいレビューはこちら→http://tadoking.com/book.php?asin=4896840801
読了日:9月20日 著者:スーザン・エロイーズヒントン
GEQGEQ感想
★★★★★ 大雑把に言うと「阪神大震災は人工地震だった」って小説なんだけど、『フィクションである。だが(略)できる限り実名を使用し、主幹となるエピソードはすべて事実に基づいている』と前書きにあるように、かなり取材をして書かれた小説なんだろう。09年1月〜10年2月に雑誌連載。阪神大震災に限らず、この頃に起きた地球上のあちこちで起きた惨事には誰かの利益と陰謀が絡んでるっていう『小説』。11年の震災でも囁かれた人工地震説を信じるかどうかは別として、日本も国際的な陰謀の渦中でありえるんだよなぁと考えさせられた
読了日:9月13日 著者:柴田哲孝
KappaKappa感想
★★★★★ 数年前に前知識なく読んだ『TENGU』が面白くて、また読みたいとずっと思ってた作家さんの2冊目。またまたUMA(?)モノ。日頃UMAに感心が高いというわけでは決してないんだけど、この作家さんの手にかかると、ハラハラドキドキ、リアリティがあって引き込まれるんだよなぁ。今回は牛久沼でバス釣り中の釣り人が河童に喰い殺された、という目撃証言から始まる。あー、あるよねぇ。昔から釣り場には大蛇だのワニだの河童だの、子供がヒソヒソ声で話すような噂。そんな高揚感を小説にしたような作品で純粋に楽しかった。
読了日:9月10日 著者:柴田哲孝
Newspaper Chase, EasyStart, Penguin Readers (Easy Start Penguin Reader)Newspaper Chase, EasyStart, Penguin Readers (Easy Start Penguin Reader)感想
★★★☆☆ ある泥棒が、依頼を受けて美術館から絵画を盗むが……… という話。 「rooming house!? what!?」 と思ったら、アメリカでいうところのホームステイ(日本で言うとこの下宿)ですなぁ。 (家主がゴミの世話をしてるのでルームシェアではないよね) そこらへんが理解できないと、そのあとのハプニングもちょっと戸惑うかも。 (それにしても、律儀にホームステイしてる泥棒ってのもどうかとw) 深く考えなければ、まぁまぁ楽しめる作品。
読了日:9月8日 著者:JohnEscott
*MARCEL & SHAKESPEARE LETTERS      PGRN1 (General Adult Literature)*MARCEL & SHAKESPEARE LETTERS PGRN1 (General Adult Literature)感想
★★★★☆ フランス在住、英語ペラペラの探偵ネズミ・Marcelのシリーズ。 今回は、毎年バケーションを過ごすロンドンの友達ネズミ宅を訪れた際、家主(人間、大学教授)が明日研究発表しようかというシェイクスピアの手紙が盗まれて……という話。 ネズミが主人公なので、まぁ、ありえないファンタジーではあるんだけど、毎回謎解きとアドベンチャーと、ネズミならではの工夫なんかもあって楽しいシリーズ。 カラーの挿絵も可愛くて好感が持てます。
読了日:9月8日 著者:StephenRabley
Dead Cold Level 2 Elementary/Lower Intermediate: Elementary / Lower Intermediate Level 2 (Cambridge English Readers)Dead Cold Level 2 Elementary/Lower Intermediate: Elementary / Lower Intermediate Level 2 (Cambridge English Readers)感想
★★★★★ コロラドのリゾートホテルで殺されたジャーナリズム専攻の女子大生。消えた取材ノート……。犯人の手がかりを追うのは、かつて同僚を目の前で殺された経験から、なかなか立ち直れないでいる女性刑事。……という、GRのレベル2とは思えないほどの心理&キャラクター描写と、どんでん返しでした。詳しいレビューはこちら→http://tadoking.com/book.php?asin=0521693799
読了日:9月7日 著者:SueLeather
The Children of the New Forest: Stage 2: 700 Headwords (Oxford Bookworms)The Children of the New Forest: Stage 2: 700 Headwords (Oxford Bookworms)感想
★★★★★ 内乱が続く17世紀のイギリス。反政府軍に家を焼かれた、政府軍人の裕福な家の子供たちが素性を隠して森の中で生き延びる話。 表紙が何だか暗くておどろおどろしくて、時代的に説教臭そうだなーと、図書館で何度も見かけてもなんとなく読むのを避けていた作品だった。 が、今回読んでよかった。 詳しいレビューはこちら→http://tadoking.com/book.php?asin=019422967X
読了日:9月7日 著者:FrederickMarryat
The Love of a KingThe Love of a King感想
★★★★☆ 王位を弟に譲り家を捨て、夫ある女性との愛をつらい抜いたエドワード8世の話。(略奪婚?駆け落ち?) GRの易しいレベルでは、実話が断然面白い。 初めて知るエピソードだったこともあって、これもとても面白く読めた。 が……不倫なんだよなぁ。 なんでもかんでも『不倫=悪』とは思わないけれど、「慰謝料背負って貧乏暮らし」なんてことはありえないのだよなぁ…… 家を捨てて駆け落ちしたって、爵位をもらって海外でVIP生活なんだよなぁ…… ……などなどヒネた読み方は仕方あるまい、という意味で星4つ。
読了日:9月6日 著者:PeterDainty
Weddings (Oxford Bookworms Library: Factfiles, Stage 1)Weddings (Oxford Bookworms Library: Factfiles, Stage 1)感想
★★★★★ さまざまな結婚式を紹介。そういえば結婚式って、宗教もそうだけど、その国や地域の文化や歴史的背景などもよく表われていますよね。もちろん、新郎新婦の個性も。そういう意味で、いろんな国の英語学習者が読むであろうこの『Factfiles』シリーズに、ぴったりなトピックじゃないかと思いました。詳しいレビューはこちら→http://tadoking.com/book.php?asin=0194787273
読了日:9月6日 著者:ChristineLindop
The Bridge and Other Love Stories (Oxford Bookworms Library, Stage 1)The Bridge and Other Love Stories (Oxford Bookworms Library, Stage 1)感想
★★★★★ 3つの短編ラブストーリーを収録。 短いながらも、どんでん返しあり、教訓(?)あり、悲恋ありで予想以上に楽しめました。 表題作『The Bridge』は実話ベースのようです。 ……うーん、ロマンスものも多読のレパに加えてみようかしら。
読了日:9月3日 著者:ChristineLindop
Red Roses (Oxford Bookworms Starter; Human Interest)Red Roses (Oxford Bookworms Starter; Human Interest)感想
★★★★★ すれ違っただけの二人だったが、お互いに忘れられず、けれど再会はなかなか果たせず……。 こんなに易しいレベルと少ない語数でも、ちゃーんと純愛ロマンス。 しかもメインキャラ2人の優しくて真面目な人柄も表現されていて、思わず応援したくなりました。 日頃めったに恋愛小説は読まないので、たまにこういう良作に出会えるのも多読のよいところかもしれない。
読了日:9月2日 著者:ChristineLindop
Death Man's Money: Starter: 250-word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)Death Man's Money: Starter: 250-word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)感想
★★★★★ 悪名高き銀行強盗団の一人が、大金を手に山間のコテージに身をひそめるのだが、思わぬアクシデント発生。 残された金を狙う宿主、隣室の客、そして………。 コミック形式で語彙も少ないので期待せずに読み始めましたが、サスペンスとしても楽しめました。 アメコミ風の絵がいい味出してます。
読了日:9月2日 著者:JohnEscott

読書メーター

category: 本にまつわる雑記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。