■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『Memoirs of a Geisha』Arthur Golden  

Memoirs of a Geisha (Vintage International)Memoirs of a Geisha (Vintage International)
(2005/11/29)
Arthur Golden

商品詳細を見る


映画を見る前に原作を読んでおきたかった作品。

描写がとても美しく、アメリカ人作家が書いたとは信じられないほど、日本の習慣や日本人の物の考え方が正確に描かれています。

ストーリー自体は、第二次世界大戦前の大恐慌から戦中、戦後、現代と激動の時代を生き抜いた、一人の芸者・さゆりの半生。
9歳の時に貧しい漁村から祇園に姉とともに売られ、すぐに姉とは引き裂かれ、先輩芸者からひどいいじめられ続け、ひょんなことで出会った男性への恋心だけをモチベーションに、下働きの娘から、祇園ナンバーワンの芸者へとのぼりつめていくサクセスストーリー。

息つく間もないストーリー展開と、からみあう人間関係に先が気になって、しばしば寝不足になりました(笑)
戦後の日本が立ち直っていく姿もかいま見られて、歴史的な側面からもとても興味深かったです。

ひさびさに読み終わるの惜しい本でした。
最後の1章は読み残して、翌日にじっくり読みました。

★★★★★
my total=1,891,469語/112冊目


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

スポンサーサイト

category: フィクション

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/115-a986f981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。