■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『屍鬼』小野 不由美  

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
(2002/01)
小野 不由美

商品詳細を見る


(「BOOK」データベースより)
人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも…。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。




文庫版で全5巻、3日間で一気読みしました。
『外界から隔離された閉ざされた村』というイメージだけでも鳥肌立ってしまう私。
この小説で重要なファクターとなっている土葬も、私の祖母がそうだったことからまだ記憶になまなましく、とても現実味のある恐怖に追い立てられて一気に読み切ったわけだけど……

いろんな方のレビューを見ると、3~4巻が一番面白いとのことですが、私はまだ恐怖の正体が見えない1~2巻が一番怖かったです。
村全体を包囲していく恐怖の姿が明らかになるにつれ、ちょっと現実味が薄れてしまって失速。
でもそれでも怖かったことには変わりありません。

ところでこの作家さんの日本語はすごいです。
溜息が漏れるような文章力です。
そして仏教や神事に関わるマナーをよく研究されていて、感心しながら略歴を見ましたら、仏教系の大学を卒業されてるんですね。


★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
click me !



屍鬼〈2〉 (新潮文庫)屍鬼〈2〉 (新潮文庫)
(2002/01)
小野 不由美

商品詳細を見る

屍鬼〈3〉 (新潮文庫)屍鬼〈3〉 (新潮文庫)
(2002/02)
小野 不由美

商品詳細を見る

屍鬼〈4〉 (新潮文庫)屍鬼〈4〉 (新潮文庫)
(2002/02)
小野 不由美

商品詳細を見る

屍鬼〈5〉 (新潮文庫)屍鬼〈5〉 (新潮文庫)
(2002/02)
小野 不由美

商品詳細を見る

スポンサーサイト

category: 小野 不由美

thread: ホラー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/117-b8f231ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。