■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『水晶のピラミッド』島田 荘司  

水晶のピラミッド (講談社文庫)水晶のピラミッド (講談社文庫)
(1994/12)
島田 荘司

商品詳細を見る


御手洗潔シリーズ。
ハリウッド女優の松崎レオナが登場する、『暗闇坂の人喰いの木』に続く2作目です。

700ページ以上ありますが、謎解きが始まるのは半分あたりにきてから。
大昔のエジプト・ファラオ時代の悲恋物語(?)と、タイタニック号の悲劇が交互に進み、果たしてこれは推理小説なんだろうか、話はどこに向かっているんだろうか、と思いつつも、目が離せない展開でドドドドッと読めます。
全く関係なさそうな話が繋がっていき、最後の最後まで油断できません!

今回は石岡くんも登場するし、鬱になってる御手洗さんもちょっと可愛い。
『アトポス』のレオナはちょっと鬱陶しかったけど、本作品では憎めない感じです。

……レオナ、ちょっと羨ましい……けど、え?御手洗さんと石岡くんは?
と、謎を残しつつ終了(笑)


★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

スポンサーサイト

category: 島田 荘司

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/127-1a07d607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。