■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『Maus』Art Spiegelman  

Maus a Survivors Tale: My Father Bleeds History (Maus)Maus a Survivors Tale: My Father Bleeds History (Maus)
(1986/09)
Art Spiegelman

商品詳細を見る


父親のアウシュビッツでの体験を描いた、ユダヤ系アメリカ人漫画家によるグラフィック・ノベル。
コミックという形態を取っていますが、ジャンル的にはホロコースト文学に分けられ、ピューリッツァー賞も受賞しています。

この作品の特徴的な点としては、なまなましい父親の実体験談はもちろん、過去と現在を行ったり来たりするストーリーの中で、ホロコーストを生き延びた父親と戦争を知らない世代の息子(作者)との、温度差とでもいいましょうか……考え方や価値観の違いも大きいです。

登場人物を全て動物の姿で描いており、逃げ惑うユダヤ人=ネズミ、ナチス=猫、ポーランド人=豚、最終的にはユダヤ人を救う“大将”アメリカ軍=犬、と揶揄的に描き分けている点にも注目。


★★★★★


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

スポンサーサイト

category: ノンフィクション

thread: ノンフィクション - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/132-07ed59e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。