■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『The Piano Lesson』August Wilson  

The Piano Lesson (Plume Drama)The Piano Lesson (Plume Drama)
(1990/10)
August Wilson

商品詳細を見る


大学の『Critical Writing』の授業で使った戯曲作品。
ピューリッツァー賞ドラマ部門で大賞を受賞。


【あらすじ】
ある黒人一家が暮らすアパートの一室。
決して裕福とは言えない生活に不釣り合いなピアノが置かれている。
この曾祖父が残したピアノを巡って、「売った金で土地を買いたい」と強引にでも運び出そうとする弟と、「家族の思い出が詰まったピアノは絶対に手放さない」と抵抗する姉。
それぞれの言い分には、うなずけるだけの理由があるのだが……。


---------------

私は女だからでしょうか。
姉・ベニースの意見に共感するのですが、じゃあ、と冷静に考えてみると、彼女の主張は弟のものに較べて弱すぎて、「負けるんだろうな」と思うわけです。

今は亡き先祖たちの姿が彫刻されたピアノ……弾く人が誰もいなくなっても、それはやはり手放せないだろ?
しかも奴隷だった時代に、家族の誰かと引き換えに入手したんですよ、このピアノ。
でも、弟の言い分の方が説得力ありますよね。

このピアノは『過去』の象徴であり、ベニースは過去にしがみついて生きている人に思えました。


★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

スポンサーサイト

category: フィクション

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/159-6e5950de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。