■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『予告された殺人の記録』G. ガルシア=マルケス  

予告された殺人の記録 (新潮文庫)予告された殺人の記録 (新潮文庫)
(1997/11)
G. ガルシア=マルケス

商品詳細を見る


ノーベル文学賞を受賞したコロンビアの作家・ガルシア=マルケスの中編小説。
フィクションですが、現実にあった殺人事件を細かく取材して書かれたものだそうです。

ストーリーはタイトルが示すように、殺人者の口から周囲の人々に、また被害者本人にも手紙で殺人予告がされていたにもかかわらず起きてしまった事件。
小さな街の人々の、さまざまな視点から語られる事件の様相が、読むにつれて明らかになっていきます。

“名誉のための殺人”で釈放される文化というか……すごい国だな、と思いました。

翻訳がちょっと残念な感じで、星一つ減らしました。
(『百年の孤独』の翻訳者さんが上手すぎるのかも)

★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !
スポンサーサイト

category: 海外の文芸作品

thread: 文学・小説 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/162-70da1596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。