■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『死神の精度』伊坂 幸太郎  

死神の精度 (文春文庫 (い70-1))死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


1:CDショップに入りびたり2:苗字が町や市の名前であり3:受け答えが微妙にずれていて4:素手で他人に触ろうとしない――そんな人物が身近に現われたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。
(表4より)



6つの短編から成り、それぞれが切ない恋愛小説、ロードムービー(映画じゃないけど)、任侠もの、密室ミステリ、と、違う味付けになってます。
そして、全然違う舞台のストーリーが、何気に繋がっていたりして、巧妙な伏線も楽しめました。
主人公の死神、映画では金城武が演じるそうですが、似合ってると思います。

ところで、私にとっては初・伊坂幸太郎でしたが、この作家さんの文章はかなり好みですね。
冷静でいてユーモアもあって、強弱のリズムみたいなのがすごくうまい。
描写や比喩もくどすぎず浅すぎず……なんというか、小気味のいい文章を書かれる方だなぁ、という印象でした。
ともするとコミックに出てきそうな主人公のキャラクターですが、軽すぎないのがいい。
長編推理小説の方も、ぜひ読んでみたいです。


★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
click me !
スポンサーサイト

category: 伊坂 幸太郎

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/171-aacac5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。