■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『空中ブランコ』奥田 英朗  

空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)
(2008/01/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、先端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が……。
この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒される名医か!? 直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾!
(表4より)



シリーズ第1弾の『イン・ザ・プール』はまだ読んでませんが、短編集なので話の流れに問題はないです。

まず、この作家さんの独特の文体にびっくりして、数行読んで経歴を探しましたら……、ああ、なるほど、コピーライターの経験があるのですね。
短い文章の中の単語のひとつひとつが、すごく厳選されてる印象なんです。

ストーリーとしては、いろんな方も書いていらっしゃいますが、ユーモアに溢れてて笑えます。
伊良部医師と看護士・マユミのコンビが目に浮かぶようです。
そしてどのお話もハッピーエンドで、優しい人ばかりで、読後は気持ちがほっこり。
私は特に『義父のヅラ』で、終始ニヤニヤしながら読んでました。

笑って、ほっこり、おまけに文体が読みやすくて字も大きい……「ちょっと疲れたなー」という時に読みたい本です。


★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !
スポンサーサイト

category: 奥田 英朗

thread: 文学・小説 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/172-ddf3d81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。