■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『Bitter Chocolate』Carol Off  

Bitter Chocolate: The Dark Side of the World's Most Seductive SweetBitter Chocolate: The Dark Side of the World's Most Seductive Sweet
(2008/04)
Carol Off

商品詳細を見る


今、大学で『Child Labor(児童労働)』というテーマで論文を書いています。
で、資料を探していたら、偶然見つけた新聞記事があまりにショッキングだったため、テーマを『Child Slavery in Chocolate Industry(チョコレート産業における児童奴隷)』に変更しました。
そして、辿り着いたのがこの本。

カナダの女性ジャーナリストが長期にわたる現地取材を含めてまとめており、内容は驚くべきもの。
欧米で作られているチョコレートの原材料として、西アフリカ・コートジボワール産のカカオが使われているのですが、そこのカカオ農園では、近隣国(特にリマ)から売られたり、誘拐されて連れてこられた8~15歳ぐらいの子供たちが、賃金はおろか、充分な食事や睡眠も与えられず、日常的に殴られるなど虐待を加えられて強制労働させられているのです。

コートジボワールの警察はもちろんこのことに気づいているけれど、カカオはこの国の重要な産業で、その利益の2/3は税収となるので、この便利で低コストな奴隷をやめさせられるわけがない。


搾取された金は一体どこに流れるのか?
児童奴隷を陰で牛耳っている人物は本当は誰なのか?

それを突き止めた白人記者たちは、行方不明や銃撃の的に……


今日もまだ続くカカオ農園の児童奴隷。
彼らはチョコレートを食べたことはもちろん、自分たちが何を作っているのかさえ知らないのです。


(ちなみに日本製のチョコレートのほとんどは、ガーナ産のカカオを使用しているそうです)


★★★★★


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !


↓日本語版も出ています。
チョコレートの真実 [DIPシリーズ]チョコレートの真実 [DIPシリーズ]
(2007/08/27)
キャロル・オフ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

category: ノンフィクション

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/186-035e3017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。