■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『図書館戦争』有川 浩  

図書館戦争図書館戦争
(2006/02)
有川 浩

商品詳細を見る


(アマゾン『出版社 / 著者からの内容紹介』)
───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。
相手にとって不足なし。
正義の味方、図書館を駆ける!


---------------


この作家さん、文章ははっきり言ってライトノベルかもしれません。
台詞の中で音引きが多かったり、完全に今時の口語調だったり。
でもそんなことは気にならないほどアイデアがいいし、なんといっても、武器などに関する専門知識が豊富でありながら、うっとおしいほどはひけらかさないのがいいですね(ほら、よくハードボイルドや軍事もの小説だと、こっちも知ってる前提で専門用語の羅列だったりしますから)
逆に、本当に今時の若者の口語なので(カギカッコの中、ね)、リアルだと思いました。

図書館戦争……読む前にあらすじだけ読んで、「なにをそんな大袈裟な」って思ったんですけど、読んでみると「こういう未来もありえる(ありえた)かもしれないな」と。


それにしても、この作家さんの書くツンデレキャラはどうしてこんなにカッコよくて可愛いんだろう(笑)



★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

スポンサーサイト

category: 有川 浩

thread: SF小説 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/195-5739a12c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。