■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『図書館内乱』有川 浩  

図書館内乱図書館内乱
(2006/09/11)
有川 浩

商品詳細を見る


(アマゾン『出版社 / 著者からの内容紹介』)
相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦隊図書レンジャー! いろんな意味でやきもき度絶好調の『図書館戦争』シリーズ第2弾、ここに推参!
――図書館の明日はどっちだ!?



---------------


第2巻、といったとこでしょうか。
今回はちょっと短編集の趣。
図書隊内部での相次ぐ問題勃発を書いてます。
メインキャラの笠原だけじゃなく、図書隊員それぞれに降り掛かる事件(?)、裏切り者。

6人の図書隊員が、ますます愛しく思えてきますよ♪
小牧と聴覚障害者である恋人の毬江のお話はホロリとしました。
可愛いなぁ。
また、差別用語を差別用語だと定める基準が差別なんじゃないか、とか、考えさせられました。



★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ
click me !

スポンサーサイト

category: 有川 浩

thread: SF小説 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/196-ef88aef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。