■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『Propaganda』Edward L. Bernays  

PropagandaPropaganda
(2004/09/15)
Edward L. BernaysMark Crispin Miller

商品詳細を見る


American History since Civil Warの授業で読んだ本。
大衆をマインドコントロールするテクニック、プロパガンダについてわかりやすく解説しています。
驚いたことに、1928年に書かれたこの内容が、現代でもまんま生きているということ。

たとえば何か売り上げを伸ばしたい商品があって、その業界のトップがマスコミに働きかける(つまり金?)。
そしてマスコミではトリビア的人気番組で、それがいかに体に良い物かと取り上げる……すると翌日には売り切れになるほどのブームが。
さらにコネクションのある大手スーパーには、事前に番組の情報を流しておいて、売り切れがでないようにすることもできる。

こんな風に、作られた流行もプロパガンダのひとつ。
そして、もっともプロパガンダがその効果を発揮するのは、国民を戦争へと向かわせる時。
一番わかりやすい例だと、「我々は正義のために戦うのだ」とか、「聖戦」というやつですね。

たとえ変人と言われても、自分の目で見て、考えて選択のできる人でいたいと思う。



★★★★★


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !



日本語版もあるようですね。

プロパガンダ教本プロパガンダ教本
(2007/07/03)
エドワード バーネイズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

category: ノンフィクション

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/208-48cf1628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。