■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『闇の奥』ジョセフ・コンラッド  

闇の奥 (岩波文庫 赤 248-1)闇の奥 (岩波文庫 赤 248-1)
(1958/01)
コンラッド

商品詳細を見る


仕事もなくぶらぶらしていた船乗りのイギリス人・マーロウが、親戚の口利きでアフリカのコンゴ川流域へ向かう船に乗ることになる。
当時のアフリカはほとんどがヨーロッパ諸国の植民地で、前人未到の地域も多く、マーロウにとっては冒険心をかき立てられる旅だったが、実際に行ってみると、象牙の売買という表向きの一方的な原住民からの搾取が行なわれていた。


コッポラ監督の映画『地獄の黙示録』の原案になった作品だそうです。
1902年に出版されたこの作品を最初に読んだのは英米文学の授業で、原文でした。
英語ではかなり難解だったので、いつか日本語で読んでみようと思っていて、やっと読了したのですが………日本語でも難解でした(笑)
(翻訳が古いせいもあるかもしれない)

原題の『Heart of Darkness』とは、『心の闇』とも『暗闇(未開の地)の中心部』とも取れます。
出版当時、一部から非難され始めていた西洋諸国によるアフリカ原住民からの搾取や非人道的扱いを糾弾する作品で、マーロウの船が原住民に襲われて殺し合うシーンなどは、原文の方がかなり残酷です。


★★★☆☆




機会があったら2006年に出版された藤永 茂訳のものも読んでみたいなー。

闇の奥闇の奥
(2006/04)
ジョセフ コンラッド

商品詳細を見る






click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: 海外の文芸作品

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/222-fa7ebca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。