■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『Overthrow』Stephen Kinzer  

Overthrow: America's Century of Regime Change from Hawaii to IraqOverthrow: America's Century of Regime Change from Hawaii to Iraq
(2007/02/06)
Stephen Kinzer

商品詳細を見る


大学のAmerican History since Civil Warという授業の、期末論文の課題本のうちの1冊。

Why does the strong nation strike against a weaker one? Usually because it seeks to impose its ideology, increase its power, or gain control of valuable resources. Shifting combinations of these three factors motivated the United States as it extended its global reach over the past century and more.



上記はイントロダクションの冒頭。

副題に、『政権変革のアメリカの100年、ハワイからイラクまで』とあるこの本は、アメリカが110年間に転覆させた14の政権、つまり“ぶっ潰して意のままにした国家”のうちのいくつかについて書かれています。

ハワイに始まり、キューバ、ニカラグア……始めのうちは「野蛮人に素晴らしきこの宗教と文化を与えてやるのだ」などと一方的な正義感を押しつけ、最終的には植民地化。
抵抗されれば武力行使。
という、お決まりのパターンが、歴史的データというよりは、証拠に基づいたストーリー仕立てで書かれています。
ハワイ王国がいかにしてアメリカ合衆国の一部になったか、なんて考えたこともなかった私としては、たくさんの発見があった本でした。

ひとつ難を言えば、英語が得意でないので、ときどき表現が回りくどくて読みにくかったかも。
教科書みたいに淡々と書かれていたとしても、興味深く読めた本だと思う。



★★★☆☆





click me !
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
スポンサーサイト

category: ノンフィクション

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/233-6f7024b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。