■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年最高の本 2008  

ダカーポ特別編集 今年最高の本 2008 (マガジンハウスムック)ダカーポ特別編集 今年最高の本 2008 (マガジンハウスムック)
(2008/12/10)
マガジンハウス

商品詳細を見る


表紙に

新聞雑誌の書評担当者、「本の虫」書店スタッフ、話題の作家、旬の評論家、時代を先読みする学者・ジャーナリスト……本当の本好きが寄ってたかって選りすぐった409冊+αを一挙紹介!


とあるように、この本でのランキングづけではなくて、本のプロ、著名人、作家などさまざまな人たちが2008年の面白かった本を順位づけて紹介しています。

まず目を引いたのは、4ページ目で『新聞、雑誌の書評担当者が選ぶ本当に面白かった本』と題して挙げられた1位から3位までの本。
1:伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』
2:平野啓一郎『決壊』
3:百田尚樹『BOX!』

ジャンルをくくっているわけではないので、もちろん『このミス』とは違った選出です。
ちなみに『決壊』は『このミス』では13位でした。


雑食な私としては、『このミス』よりももっと本が読みたくなる本でした。

追記には、過去9年間の『書評担当者が選んだ最高の本』ベスト3を書いておきますね。



★★★★★




click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
2007年
1:吉田修一『悪人』
2:福岡伸一『生物と無生物のあいだ』
3:原武史『滝山コミューン一九七四』

2006年
1:佐藤優『自壊する帝国』
2:宮部みゆき『名もなき毒』
3:手嶋龍一『ウルトラ・ダラー』

2005年
1:佐藤優『国家の罠』
2:リリー・フランキー『東京タワー』
3:宮本輝『にぎやかな天地』

2004年
1:マイケル・ルイス『マネー・ボール』
2:松本健一『評伝 北一輝』
3:佐藤卓己『言論統制』

2003年
1:小川洋子『博士の愛した数式』
2:桐野夏生『グロテスク』
3:ボブ・ウッドワード『ブッシュの戦争』

2002年
1:高木徹『ドキュメント 戦争広告代理店』
2:村上春樹『海辺のカフカ』
3:高橋秀実『からくり民主主義』

2001年
1:川上弘美『センセイの鞄』
2:ジョン・ダワー『敗北を抱きしめて』
3:大崎善生『将棋の子』

2000年
1:魚住昭『渡邉恒雄 メディアと権力』
2:ベルンハルト・シュリンク『朗読者』
3:小林信彦『おかしな男 渥美清』

1999年
1:伊集院静『春雷』
2:高山文彦『火花』
3:高見広春『バトル・ロワイアル』


スポンサーサイト

category: その他ムックなど

thread: 書評 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/235-c855dbad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。