■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『イニシエーション・ラブ』乾 くるみ  

イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04)
乾 くるみ

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。



これほどレビューを書きにくい作品はなかなかないと思う。

合コンで出会った20代前半の男女の恋愛模様が、最初から最後まで淡々と続きます。
最後の3行をのぞいては。


「必ず二回読みたくなる」というのに引かれて読んでみました。
いわゆる叙述トリックというのでしょうか。
これを思いついたアイディアは秀逸だけど、このトリックを使うためだけに書かれたような印象を受ける作品です。
恋愛ストーリーそのものには、特に深みも感じられませんでした(というか、意図してそう書かれているのかも)。

確かに読み直したら全然違う印象の作品になりそうですね。
でも注意深く読んでると、1度目でも「あれ?なんか不自然」って感じる箇所があちこちに。

私が一番驚いたのは、この作家さんが男性だということ!


★★★☆☆




click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ




あ、でも一応、解説みたいなのも書いておこうかな。
以下、追記に思いっきりネタバレしてますので要注意。




読み終わりましたよね?



ネタバレはOKですか?













つまり、『たっくん』は別々の2人の人物で、マユはいっとき二股かけてたわけです。
時間の流れとしては、side-Bが先、と考えれば自然につながります。

side-Bの会社員たっくんと遠距離恋愛していたマユが、友達と一緒に行った海水浴……それがside-Aの大学生たっくん&合コン仲間との海水浴だったんです。
大学生たっくんと知り合った合コンにマユがしていた指環は会社員たっくんから贈られたもの。
大学生たっくんに『俺』と自称することやオシャレをすすめたのは、どこか会社員たっくんと重ねてたからだし、初エッチの時だってとてもバージンとは思えないリアクションで不自然。
などなど、探せばたくさんの『綻び』が見つかりますよ。
第一、『夕樹』という名前に『たっくん』という呼び名は、ちょっと無理がありますよね。

まぁそれでも、「よくあるダブル二股? 夕樹がちょっと可哀想かも」という印象が残っただけで、ミステリと呼ぶには疑問な作品でした。

スポンサーサイト

category: あ行のその他

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

いらっしゃいませ^^

>紙魚さん
はじめまして。コメントありがとうございます(^^)
この作品は、宣伝コピーや「びっくりでした!」、「最初から読み直しました!」という評判ばかりが耳に入ってきていたんだなぁ、と、読了してからちょっと溜息出ました。
確かに未読の人には「最後に驚きますよ。もう一度読みたくなりますよ」という以上には説明できない作品なんですけどね。
『もう一度読みたくなる』の意味を、私は取り違えていたみたいです。あはは。
あまりミステリに馴染みのない方には、オススメの作品かもしれませんね。

URL | ゆう #yBDt5Ksg
2009/01/21 08:05 | edit

はじめまして。

イニシエーションラブ、私も読みました!
確かに有樹くん可哀想でしたね。

まさに「このトリックを使うためだけに書かれたような」作品で、話としてはイマイチでした・・・。

URL | +紙魚+ #mQop/nM.
2009/01/20 20:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/240-b65bb424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。