■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『チャイルド44』トム・ロブ・スミス  

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)チャイルド44 上巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る
チャイルド44 下巻 (新潮文庫)チャイルド44 下巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る


Book Description
【上巻】この国家は連続殺人の存在を認めない。ゆえに犯人は自由に殺しつづける――。リドリー・スコット監督で映画化! スターリン体制下のソ連。国家保安省の敏腕捜査官レオ・デミドフは、あるスパイ容疑者の拘束に成功する。だが、この機に乗じた狡猾な副官の計略にはまり、妻ともども片田舎の民警へと追放される。そこで発見された惨殺体の状況は、かつて彼が事故と遺族を説得した少年の遺体に酷似していた……。ソ連に実在した大量殺人犯に着想を得て、世界を震撼させた超新星の鮮烈なデビュー作!
【下巻】この男は連続殺人の放擲を許さない。ゆえに犯人を孤独に追いつづける――。CWA賞受賞。本年最大の注目作! 少年少女が際限なく殺されてゆく。どの遺体にも共通の“しるし”を残して――。知的障害者、窃盗犯、レイプ犯と、国家から不要と断じられた者たちがそれぞれの容疑者として捕縛され、いとも簡単に処刑される。国家の威信とは? 組織の規律とは? 個人の尊厳とは? そして家族の絆とは? 葛藤を封じ込め、愛する者たちのすべてを危険にさらしながら、レオは真犯人に肉迫してゆく。



久しぶりに中断できない本に出会いました。
1冊400ページほどの上下巻を徹夜で一気読み。


1950年代、スターリンの恐怖政治下のソビエト連邦を舞台に、国家保安省捜査官のレオ・デミドフが子供ばかりを狙った連続殺人犯を追いつめてゆく。
当時のソ連では厳しい共産主義下で人々は飢えと密告の恐怖に震えて生活していた。
それは『裏切り者』を狩り、拷問による自白で処刑するレオ自身も例外ではない。
殺人犯を追いつめるレオも、同時に国家によって追いつめられていく。
上巻でのレオは保安省捜査官で、言うなれば“追う側”。
それが下巻では一転してジェット・コースターのよう。

連続大量殺人犯のモデルになっているのは、12年間で52人もの少年少女を快楽目的で殺したアンドレイ・チカチーロ(1994年に処刑)。
この作品の殺人の描写も怖いけど、それよりも私は鉄のカーテンに閉ざされたソ連という国が怖かった!!
だって誰も、家族ですら信用できないんですよ。
何も悪いことをしていなくても、誰かに密告されたらもうその時点で有罪→強制労働or死刑。
本当のことなんか話したら生きていけないし、嘘をついても生きていけるとはかぎらないなんて。
チカチーロが12年間も捕まらなかったのは、共産主義では『人々はみな平等で、富も平等に分け与えられるから犯罪などは起こり得ない』という理論だったから、ということと、容疑者は拷問によってやってもいない罪を自白させられ処刑されてきたから、という理由だそうです。
冤罪で処刑された人たちも含めると、一体何人がこの事件で死んでいったのでしょうか。

ちなみにこの作品、近々アメリカで映画化されるようですが、ロシアでは本自体が発禁だそうです。
もう50年もたってるのにね。



★★★★★





click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: 海外の文芸作品

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/242-27edb871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。