■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『螺鈿迷宮』海堂 尊  

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
(2008/11/22)
海堂 尊

商品詳細を見る
螺鈿迷宮 下 (角川文庫)螺鈿迷宮 下 (角川文庫)
(2008/11/22)
海堂 尊

商品詳細を見る


【上巻】医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。この病院は、終末医療の先端施設として注目を集めていた。だが、経営者一族には黒い噂が絶えなかったのだ。やがて、看護ボランティアとして潜入した天馬の前で、患者が次々と不自然な死を遂げた! 彼らは本当に病死か、それとも……。
【下巻】医学生・天馬大吉が潜入した不審死の続く桜宮病院に、奇妙な皮膚科の医師がやって来た。その名も白鳥。彼こそ、“氷姫”こと姫宮と共に病院の闇を暴くべく厚生労働省から送り込まれた“刺客”だった。だが、院長の桜宮巌雄とその双子の娘姉妹は、白鳥さえ予測のつかない罠を仕掛けていた……。終末医療の先端施設に隠された光と影。果たして、天馬と白鳥がそこで見たものとは? 現役医師が描く、傑作医療ミステリー!(表紙カバーより)



今度の舞台は東城病院と同じ市内にある碧翠院桜宮病院。
留年を重ね、雀荘に通い詰めるダメ医学生・天馬大吉視点で語られてるスパイ劇。
彼が潜入した歴史ある桜宮病院で出会ったのは、『ジェネラル・ルージュ』でICU見習い看護師として登場した姫宮だった。
そんなこんなで入院することになってしまった天馬は、携帯の電波の届かないこの病院で、驚くべき事実を知ってしまう。


医療ミステリでありながら、バチスタシリーズ同様の劇画風のタッチ。
さらに今回は「館モノか!?」と綾辻ファンの私をドキドキさせてくれました。
最後には絡み合う人間模様が“火サス”のようだし、暗号解読(?)や脱出劇もあり、もちろん終末医療や死後解剖率の低さ(=死因の曖昧さ)など医療問題も盛り込まれてます。
テンポよくあっという間に読み終えてしまった、ミステリのいろんな面白さがギュウギュウに詰まった作品でした。
そして読後は物悲しくも、続編への伏線がいっぱい(笑)

ちなみに、葉子に疑惑を相談した結城も、『ジェネラル・ルージュ』にチラリと出てきますよ。



★★★★☆




click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

category: 海堂 尊

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/245-5e696b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。