■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『空色の地図』梨屋 アリエ  

空色の地図 (ハートウォームブックス)空色の地図 (ハートウォームブックス)
(2005/12)
梨屋 アリエ

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
ある日突然、中学三年の初音のもとに、差出人のわからない封書が届いた。中には、八歳の夏休みに、未来の自分に宛てて書いた手紙が入っていた。あれから六年。なぜ今になって届いたのだろう。あの夏だけの「親友」の美凪が、投函したのだろうか…。少女たちの揺れ動く心をみずみずしく描いた物語。



初音は中3、受験生。
最近、生まれて初めて自分の嫌なところに気づいてしまったり、本当の友達なんていないんじゃないかって悩んだり、親の掲げる志望校に自信を失ったり……つまりは普通の中学3年生の女の子だ。
そんなある日、6年前の自分が書いた手紙が届いて、とたんにすっかり忘れていた記憶が蘇る。
あの夏を過ごした祖母の家。
その近所にいた美凪という泣き虫の女の子。
すると突然、美凪とのひと夏の友情がかけがえのないものに思えてきて、会いに行く決心をする………。


なんだか、自分が目を背けて過去に置き去りにしてきた苦しい気持ちを、「ほら、忘れ物だよ」と目の前に突きつけられるようなお話でした。
あいたた。
でもたぶん、この作品を読んだ大人の多くが、同じような気持ちになるんじゃないかな。
片想いな友情、寂しさ、将来への不安、祖父母との死別、両親の離婚、お金を稼ぐということ、埋めた宝物……。
受験によって強制的に将来を考えさせられ、でもまだまだ子供で、と、そんなお年頃でしたよね。

「どうせ子供向けの話でしょ?」と期待しないで読み始めたけど、中学生が対象読者の児童書って、こんなこところまで複雑な気持ちを書いていいんだ、と少し驚きました。
ケータイ小説が中高生の間でスタンダードになってる昨今ですが、多くの15歳の心理はこの本に近いんじゃないかな。
援助交際やレイプや中絶は出てこないけど。


読みながら、「あ、やだ、昔の私みたい」とだんだん苦しくなって、でも読後は浄化されたように爽やかです。
いいお話です。


★★★★☆




click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: 児童書/ヤングアダルト

thread: 児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/246-00f8634e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。