■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『ブルーバック』ティム・ウィントン  

ブルーバックブルーバック
(2007/07)
ティム ウィントン橋本 礼奈

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
オーストラリアの人里離れた入江で母親のドラと暮らす少年エイベル。自然のめぐみだけが頼りのきびしい生活ながら、海の大好きな親子はみちたりた日々をおくっていた。入江にすむ巨大な青い魚ブルーバックと出会ってから、エイベルの日々はいっそう輝きを増す。やがてエイベルは都会の学校へ進学、故郷の海とブルーバックのすがたをいつも心にいだきながら、海洋生物学者となる。一方、母ドラがひとりで守る入江には、さまざまな災厄がふりかかる。暗礁を根こそぎにする漁師の出現。リゾート化計画。タンカーの座礁。やがてドラは海を救うために大きな決断をし、その志は息子のエイベルにひきつがれていく。オーストラリアの自然をこよなく愛する作者が、子どもから大人まですべての年齢層の読者に贈る、「海の不思議」と希望の物語。ボリンダ・オーディオブック賞、ウィルダネス・ソサエティ環境賞、WAYRBAホフマン児童文学賞受賞作。



大自然の中で、海に抱かれるようにして生きてきたエイベルの一族。
自分たちの土地に生まれ、耕し、そして土へと還ってゆく。
代々営まれたこの暮らしだったが、時代の流れとともに少しずつ変わっていき、エイベルも成長とともに土地を離れ、やがては学者として世界中を飛び回るようになる……。

それでも心はいつも、生まれ育った入り江にあるのですよね。
少年の頃に仲良くなった大きな魚、ブルーバックは何も言わないけれど、大自然の使者のように長い長い時間を生きて、エイベルたち母子を見守ってるみたいです。

近年になって、地球温暖化や水質汚染、乱獲などで自分を育ててくれた海が危機に瀕していると知った母子は、入り江を守るために行動にでます。
なんか、すごいな。
でも、気持ちはよくわかる。
『住めば都』なんて言うけど、新しい土地で生活には困らなくても、やっぱり自分が生まれ育った土地は特別なのよ。
世界中を飛び回る生活を捨てて、故郷と母親を選ぶよう、迷っていたエイベルの背中を押したエイベルの奥さんも素敵。

エイベル一族の命のルーティーンを見ていると、彼らも大自然の一部だったんだな、って思います。
環境保護や親子のあり方、老い、など短いお話にいろいろ詰まった温かい作品でした。
ちょっとホームシックになったわ。

◇小学校高学年向け



★★★☆☆




click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: 児童書/ヤングアダルト

thread: 児童書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/247-bf908f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。