■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『イノセント・ゲリラの祝祭』海堂 尊  

イノセント・ゲリラの祝祭イノセント・ゲリラの祝祭
(2008/11/07)
海堂 尊

商品詳細を見る


東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長からの呼び出しを受けていた。高階病院長の“ささやかな”お願いは、厚生労働省主催の会議出席。依頼主は、厚生労働省役人にてロジカル・モンスター、白鳥圭輔。名指しで指名を受けた田口は嫌々ながら、東京に上京することを了承した。行き先は白鳥の本丸・医療事故調査委員会。さまざまな思惑が飛び交う会議に出席した田口は、グズグズの医療行政の現実を知ることに……。(表紙カバーより)



おなじみの登場人物としては田口先生と白鳥調査官ぐらいで、あとは他大学の医師など新しいキャラがたくさん出てきます。
舞台のほとんどが厚生労働省の会議室で、医療問題を巡る会議のシーン。
論争のメインは、これまでもシリーズの中で焦点を当てられてきたAI(死亡時画像検査)――つまり死体にCTスキャンをかけることによって、病理解剖を承諾しない遺族も納得する形で死因を解明する方法――を、国がバックアップして導入していこうよ、ってことなんですが、それにからむ責任の所在や金銭的なこととなると、一般読者の私はついていけなくなります。
会議中は専門用語の多い台詞ばかりになってしまうし。
ふと気づくと、字面をただ斜めに目で追ってる自分に気づいて、「あ、なんか作家さんに置き去りにされてるかも」と感じました。

うう、好きなシリーズなのに、楽しめない自分が残念!
これ、もしかしたら医療関係者や厚労省関係者なら楽しめるのかしら??
と、大学病院で外科医をやってる友人や、厚労省で大学病院の監査をやってる友人の顔が浮かびました(でもオススメする気にはなれないなぁ)。


今回はエンタメ作品というよりも、著者が書きたいことを思いっきり書いたのでは、という印象でした(海堂さん、確か病理医だったような)。
冒頭では、新興宗教内の修行で信者が亡くなり、解剖によって内臓破裂が発覚する……という出だしだったので期待したんですが、途中からこの事件にはまったく触れられなくなります。
はっきり言って今回はミステリではありません。
次回に期待。


そうそう、ところどころに私にはわからない小ネタが出てくるので、もしかしたら『ジーン・ワルツ』や『ブラックペアン1988』を先に読んでおいたほうがよかったのかも。
帰国した時に買ってくればよかったなぁ。
……と、これでひとまず、私の“海堂尊ブーム”はお休みです。



★★☆☆☆





click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: 海堂 尊

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/249-8c74f54e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。