■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『赤朽葉家の伝説』桜庭 一樹  

赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
(2006/12/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


出版社 / 著者からの内容紹介
「山の民」に置き去られた赤ん坊。この子は村の若夫婦に引き取られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。――千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。



面白かった! というか、楽しかった!
『このミステリーがすごい!』で2位になっていて、ずっと気になっていた本ですが、ちょっぴりファンタジー風味の大河ドラマに、がっつり引き込まれました。
ミステリじゃなくて。


舞台となっている山陰の村(のちに地方都市として描かれている)は、製鉄所とそこで働く人たちで発展、維持されてきたような土地。
製鉄所のオーナー、赤朽葉家の屋敷が高台の頂上にあって、『だんだん』と呼ばれるこの高台の斜面に社員や職工たちの官舎が職場での役職順に下に向かって広がってヒエラルキーみたいなものを構成している。
その描写は、『チャーリーとチョコレート工場』を連想させました。


物語の大筋は、終戦直後の高度成長期を描いた第1部、語り手の祖母・赤朽葉万葉の『最後の神話の時代』、第2部は'79~'98年のバブル全盛&バブル崩壊の頃に青春を送った母・毛鞠の『巨と虚の時代』、そして殺人の真相を追い求める第3部、現代を生きるニートの語り手・瞳子の『殺人者』。

ミステリだと思って読み始めたものの、強い女たちに支えられた旧家と、それを取り巻く人々のドラマが面白くて、第3部に至るまでミステリであることをすっかり忘れていました。
いや、最後まで読んでも、この作品をミステリのジャンルにくくるのはどうか、と思ってしまうんですが。

同時に、戦後50年の日本の変遷、価値観や生き様の移り変わりも細かく描かれています。
赤朽葉家の人々もそんな歴史の波に飲まれたり押し流されたりして、かつては小さな王国に君臨していた旧家も次第に姿を変えてゆく……その様子は興味深くもあり、寂しくもある様子です。



私的には、第2部の毛鞠ちゃんとドンピシャの同世代。
だからあの頃の若者が憧れた“カッコイイ”生き方っていうのもすごくよくわかるし、熾烈な受験戦争の陰で壊れてゆく若者や燃え尽き症候群、校内暴力、拝金主義、一攫千金などなど、実感を伴ってリアル。
この怒濤のような、良くも悪くも熱い毛鞠の時代の後、娘の瞳子は打ち込めるものもない冷めた青春を送っています。
第3部の中で瞳子が、母・毛鞠と同世代で無職の蘇峰と自分を較べて、

バブルを知る世代に特有の奇怪な前向きさを持ち続けているように見えた。彼の蘊蓄は、いまよりもいい暮らし、いまよりも満足できる文化に、自分という列車は必ずたどりつくという信念に裏打ちされているように思えてならなかった。それはわたしたちの世代にはない性質であった。わたしたちはそんな感覚はまるで知らない。すべてがあらかじめ終了したこの国をただ、漂うようにして、わたしは育ったのだ。



と表現している。

これにはハッとさせられました。
蘇峰はまるで私。
信念を持ち続けて、努力さえ怠らなければ、いくつになっても自分の未来はきっと明るいものだ、なんて、バブル時代の考え方のままでいたけれど、今はそんな時代じゃないんですね。



山陰の旧家+女3代+ミステリ、ということで横溝正史作品のようなドロドロを想像していましたが、笑いあり涙あり、友情やBL(?)あり、じゃぱゆきさんや不登校ありの読後爽快な作品です(意味不明な説明ですみません……)。
Amazonのレビューでは賛否あるようですが、私としてはオススメです。



★★★★★



click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

category: 桜庭 一樹

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/250-8984ddfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。