■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今日の収穫  

明日は政治学のテストだというのに。
ええ、三省堂CM店でダブルスタンプデーだったので、行ってきました。
(スタンプカードが一杯になると、10ドルの商品券がもらえるんです!)


前回行った時にたくさん入荷されてた天童荒太の『悼む人』を買うつもりだったのに、今日は品切れ。
その代わり、再入荷されて1冊ずつ残っていた湊かなえ『告白』、奥田英朗『オリンピックの身代金』、貴志祐介『新世界より(上)』を購入(下巻が品切れだったので、取り寄せをお願いしてきました)。
お誕生日でもないのにすごい贅沢!
(ちなみに日本の本は定価の約1.3倍のお値段)

ここの三省堂さん、以前は文芸ものにすごーく詳しい店員さんがいらしたんですが、最近見かけないんですよね。
そのせいか、ベストセラー本でも最初入荷して完売するとずっと品切れとか、上下巻なのに片方しかないとか、ここのところ残念な感じなんです。
この店から車で10分ほどのところに、コミックが充実してる紀伊國屋書店さんもあるんですけど、こちらはスタンプカードがないので、あまり利用していませんでした。
ところが先週久しぶりに行ってみたら、話題の本はもちろん、私が見落としてた新刊ハードカバーも平積みでズラリ。
『このミス』も『本屋大賞』もしっかりチェックした品揃えとポップが嬉しかったです。
うーん………浮気しちゃおうかな(笑)


ついでにBOOK-OFFも巡回。
今日のラッキーは、“お高いコーナー”でふと手にした京極夏彦『陰摩羅鬼の瑕』に1ドルのシールが付いてたこと!
嬉しい! 新品同様ですごく綺麗なのに!
アンラッキー(?)は、数週間前に悩んだ挙げ句に計15ドルで購入し未読のエーコ『薔薇の名前』上下巻が、今日は1ドルコーナーにあったこと。
うう、こういうのって泣ける。
あと、桜庭一樹『私の男』を1ドルでゲットして喜んで帰宅したら、積読段ボールの中に同じ本が。
しかもわりと最近、8ドルで購入したらしいよ私。


そんな本日は、お風呂で角田光代『八日目の蝉』を1時間ほど読書。
誘拐して旅して、いろんな人に出会って……って、『キッドナップツアー』を思い出します。
あの作品の良さが私には今ひとつわからなかったので、今回は違う展開&着地になってくれることを願います。


余談ですが、今使ってる政治学の教科書、『We the People』が読みやすくて、ところどころに挿入されるサイドストーリーみたいなのも面白いです。
と、こんなことをここに書いても、あまり意味がなさそうですが(笑)




悼む人 告白 オリンピックの身代金 新世界より 上 新世界より 下 陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス) 薔薇の名前〈上〉 薔薇の名前〈下〉 私の男 We the People: A Concise Introduction to American Politics 八日目の蝉





click me !
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

category: 本にまつわる雑記

thread: この本買いました - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/254-9152cc59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。