■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『楽園』宮部 みゆき  

楽園〈上〉楽園〈上〉
(2007/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
楽園 下楽園 下
(2007/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


【上巻】「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、萩谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。少年は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、それを絵に描いていたという。
【下巻】土井崎夫妻がなぜ、長女・茜を殺さねばならなかったのかを調べいてた滋子は、夫妻が娘を殺害後、何者かによって脅迫されていたのではないか?と推理する。さらには茜と当時付き合っていた男の存在が浮かび上がる。新たなる拉致事件も勃発し、様々な事実がやがて一つの大きな奔流となって物語は驚愕の終末を迎える。(帯より)



『模倣犯』の前畑滋子といえば、連続猟奇殺人事件を暴き、犯人を自供にまで追いつめたフリーライター。
でも決してスゴ腕ジャーナリストなわけじゃなく、悩んだりもがいたり怯えたりしながらもただ突き進んでいった共感の持てる大好きなキャラクターです。
なので今回の『楽園』で「滋ちゃん再登場!」の帯に即買いしました。

ストーリーは『模倣犯』のような大事件ではありません。
いきなり“サイコメトラー”から話が始まるので、宮部さんお得意の超能力者モノにいっちゃうんじゃないかと不安になりましたが、そこからすでに時効となった殺人事件に発展し、滋ちゃんの捜査の目的は、その殺人事件の本当の動機と透視能力の証明(?)に。

『模倣犯』のようなミステリとしての“派手さ”はありませんが、家族の絆とは何かと問いかける作品でした。
最初の依頼人・敏子の育った環境などは、法では裁かれないけれど一人の人間の人生を大きく歪めてしまったという意味で考えさせられます。
家族の誰かがスケープ・ゴートになるような例は、敏子や殺された少女の家庭に限らず、程度の違いこそあれ珍しいことではないですよね、悲しいことに。

下巻では話が膨らみすぎて、まとまりに欠ける印象。
ちょっと失速しました。

でも、また滋ちゃんに会えたこと(しかも模倣犯事件のトラウマに苦しんでたり、老眼鏡が必要になってたりで人間臭くいてイイ)と、滋ちゃんの旦那さんの昭ちゃんが相変わらずの下町気質だったことが嬉しかった!
それだけでも読んでよかったなーと思えました。

『模倣犯』を再読したくなりました。
レビューもメモ程度にしか書いてなかったしね。



★★★★☆




click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: 宮部 みゆき

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/262-74b4fd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。