■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『アヒルと鴨のコインロッカー 』伊坂 幸太郎  

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。



こ、これは!
ちょっとでも内容につっこんだことを書くとネタバレになりそうだし、トリックがバレたらミステリとしてダメじゃん! という以前に、この作品のすごーく深い良さと面白さが半減してしまいそうだから、非常に書きにくいです。
なので、シンプルに感想だけ。

毎回書いてることですが、伊坂さん特有の、たくさんの伏線が手品のように回収される爽快さに加えて、この作品は切ない青春小説。
友情とか人種差別とか、孤独感とか、命の重さとか、なんかもう、いろいろ作家さんのメッセージが詰まっていて、泣いてください的な文章なんかひとつもないのに、悲しいというより寂しくて切なくて泣けました。
社会派というほど綿密に批判的に書いてるわけでもないし、人間を濃厚にドロドロと書き込んでるわけでもない。
だけど、現代の希薄なようでいて、反面誰かを求めている人間関係みたいなのが、さらりとした文体で描かれてるのがまたいい。
……うまく説明できないけど。

『重力ピエロ』と共通点の多い作品だなー、とも思いました。
そして、さらに熟成された印象。
もっと早く読めばよかった!
最近の作品もちょこちょこ読んでるのに、ちょっと前のこの作品で、伊坂幸太郎という作家さんの印象が大きく変わりました。
ますます大好き!


★★★★★



click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


*読了の翌日にはDVDも観ました。


アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳瑛太

商品詳細を見る


原作のあのトリックを映像化するなんて絶対ムリ!
そう思って、あまり期待せずに観始めたんですが………

すごくよかったです!
「ああ、そうやって表現すればいいのか!」と、なんだか映画そのものがミステリみたい。
濱田岳や瑛太の演技に、最初のうちは笑いながら観ていたんですが、原作を読んだ後でも(読んだ後だからこそ?)、途中から号泣でした。
よく、原作が素晴らしい作品ほど、映画化されるとガッカリさせられることが多いみたいですけど、『アヒルと鴨~』に関してはそんな心配は不要でした。
伊坂さん、いい監督さんに出会えたね!と嬉しくなっちゃう。
(監督の中村義洋氏は、ほかの伊坂作品も撮ってるそうなので楽しみです)

長さ的な問題だけじゃなくて、おそらく映画にするにはなにかと不都合がありそうなエピソードがカットされていたり、ちょっと変えられたりしてましたが、それがまた自然でいい味出してたと思います。
ラストに使われる音楽も原作とは違っていて、ディランの『風に吹かれて』なんですけど、これがまたすごくよくて、数日たった今もずっと頭の中で鳴り続けてます。

キャストさんも、みなさんいい演技してましたね。
ドルジ役の俳優さん(田村圭生)の英語がすごく自然で驚きましたら、カリフォルニア出身の方なんですね。
最近は柳浩太郎や細貝圭など(あ、趣味がバレバレw)、帰国子女の若い俳優さんの活躍が目覚ましくて嬉しいです♪


映画『アヒルと鴨のコインロッカー』公式サイト



★★★★★
スポンサーサイト

category: 伊坂 幸太郎

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 2   cm: 2

コメント

ぜひぜひ~

>チェリさん
伊坂ファンの中でも「どの作品が好きか」と問われれば意見が大きく分かれるようですが、私は今のところ、この『アヒルと鴨』が一番かなー。
ミステリとしてのトリックよりも、友情とかが泣ける。
きっと私自身が、友達もほとんどいない海外で差別や偏見を受けて暮らしてるからだと思う。
あ、でもこれ、ペット殺しがベースになってるお話なんだけど……チェリさん大丈夫かな?

もし『重力ピエロ』も読む予定がありましたら、『重力』を先に読まれることをおすすめします。
『重力』のキャラがエキストラでちらっと出てくるので、ささやかに楽しいのです♪

URL | ゆう #yBDt5Ksg
2009/02/24 06:06 | edit

NoTitle

この本、読みたいっ!
実はまだ伊坂さんの本は読んだことがなくて。
さっそく予約しなくちゃw

URL | チェリ #BqEwgRj.
2009/02/23 19:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/267-c6fb84db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。 初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち...

粋な提案 | 2009/05/03 15:11

伊坂幸太郎『アヒルと鴨とコインロッカー』

応援、お願いします。 今回は伊坂幸太郎『アヒルと鴨とコインロッカー』です。 『アヒルと鴨のコインロッカー』は伊坂幸太郎の5本目の長編。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。2005年『このミステリーがすごい』第二位。2007年5月、映画化。 文庫本カバーか...

初心者のための読書ガイド | 2009/04/11 21:06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。