■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

The Bronte Story [Oxford Bookworms Library 3]  

The Oxford Bookworms Library: Stage 3: 1000 Headwords: the Bronte Story (Oxford Bookworms Library: Stage 3)The Oxford Bookworms Library: Stage 3: 1000 Headwords: the Bronte Story (Oxford Bookworms Library: Stage 3)
(2000/08/17)
Tim Vicary

商品詳細を見る


Tim Vicary
[Oxford Bookworms Library 3/ノンフィクション]
ペーパーバック(グレーデッド・レベル3.2/9,600語)

【あらすじ】19世紀初頭、ヨークシャーの荒涼とした土地に移り住んだブロンテ一家。間もなく母が死に、残された父と6人の子供たちは貧しいながらも必死に生きていく。ところが幼い子供たちも病に倒れ…。

--------


時代が時代であっても、子供が何人いても、一人、また一人と病気で死んでいく子供たちを看取る親のつらさはいかほどのものか。

絵や文章、音楽の才能あふれる子供たちが、花開くことなく死んでいくのは残念でなりません。
しかし生き残った3人の娘たちは、後世に残る素晴らしい作品を残します。
ちょっとネタバレだけど、本の裏表紙にも書かれているので言っちゃいますが、『ジェーン・エア』と『嵐が丘』の作者はブロンテ一家の娘たちです。
Oxford Bookworms Libraryからリトールドでも出版されているので、いつか読んでみたいです。

★★★★★
my total=302,791語/42冊目 30万語達成


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
click me !

スポンサーサイト

category: グレーデッド・リーダース

thread: 洋書多読 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/27-d6f4d6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。