■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『砂漠』伊坂 幸太郎  

砂漠(Jノベル・コレクション) (Jノベル・コレクション)砂漠(Jノベル・コレクション) (Jノベル・コレクション)
(2008/08/01)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく―。



ミステリというよりは、青春麻雀小説?
伊坂さんお得意のきわだったキャラクターの5人が送る大学生生活を、入学時から描いています。
バイトや麻雀や合コンや論文や……そんな“日常”にプラスして、ホストとの賭けボウリングや超能力や連続強盗事件などの冒険。


……感想の結論から言ってしまうと、全然入り込めなかったなぁ。
台詞回しやキャラは好きなんだけど。
まず、私の場合、麻雀のルールを全く知らない。
ついでに言うなら、ボウリングのルールもほとんど知らない。
そして一番、この作品に入り込む資質がなかったと思うのは、私は大学に行っていないこと(今でこそ学生だけど、アメリカの大学だし基本は主婦なので、日本の大学のことがよくわからない)。
だからきっと、この作品のオイシイ部分の多くを私は理解できなかったんだよ。

他の方のレビューを見ていると、やはり「自分の学生時代を思い出した」、「懐かしく共感できた」という感想で高評価なのね。
私は、大学進学率がぐーんと上がったバブル期に高校を卒業したのだけれど、まぁ、いろいろな事情で進学はしなかったから、勉学だけではなく、子供(高校生)から大人(社会人)への過渡期に『砂漠』へと踏み出す準備期間を得ることができた作品のキャラたちが、ただうらやましかったな。
(好きな仕事に没頭していた自分も幸せだったけど)




★★★☆☆



click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト

category: 伊坂 幸太郎

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/271-ae43c0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。