■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『陽気なギャングの日常と襲撃』伊坂 幸太郎  

陽気なギャングの日常と襲撃 (ノン・ノベル)陽気なギャングの日常と襲撃 (ノン・ノベル)
(2006/05)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快サスペンス!伊坂ブームの起爆剤にして、映画化で話題の「陽気なギャング」ここに待望の復活。



陽気なギャングが地球を回す』の続編ということで、あの個性的な4人組に再会できて嬉しい!

今回は短編4本の前半と、それらを伏線にした中編の後半で構成されている。
前半の短編たちは4人それぞれが主人公となっていて、全く違う事件なのに微妙に繋がりがあったりしてニンマリさせられる。
どれも、短いながらも巧妙なトリックや謎解きがあって、推理小説としてとても楽しめた。

でも後半の誘拐事件になったら、ちょっとペースダウン。
なぜだろう……キャラクター、特に、誘拐された社長令嬢があまり好きになれなかったからかな?
リピートされることで笑いを取る台詞回しも、あまりにくどいと胸焼けしがちです。

でも、前作よりも久遠の出番が多くて嬉しかったです。
久遠、可愛いんだもの。


ちなみに、本作を読み終わってから映画『陽気なギャングが地球を回す』もレンタルDVDで観ました。
が、こちらはちょっとガッカリだったなー。
原作の方が断然面白いです!

★★★★☆



click me !
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

category: 伊坂 幸太郎

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/290-48b48ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。