■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『1/2の埋葬』ピーター・ジェイムズ  

1/2の埋葬 上 (ランダムハウス講談社文庫)1/2の埋葬 上 (ランダムハウス講談社文庫)
(2008/01/07)
ピーター ジェイムズ

商品詳細を見る

1/2の埋葬 下 (ランダムハウス講談社文庫)1/2の埋葬 下 (ランダムハウス講談社文庫)
(2008/01/07)
ピーター ジェイムズ

商品詳細を見る

内容紹介
全米でシリーズ200万部突破!
世界26ヶ国語に翻訳、各国のミステリ賞受賞
瞠目の<警視グレイス>シリーズ日本上陸!

結婚前夜―スタクナイト―。
新郎マイケルを祝うために悪友たちが仕掛けた悪戯――それは酔った新郎を棺桶にいれて生き埋めにし、数時間後に掘り出すという、他愛もない計画だった。
だが、埋めた直後に仕掛け全員が事故死。
ほんの悪ふざけのはずが、最悪の事態にまで発展し・・・・。
目撃者ゼロ。当事者全員死亡。
絶対的不利な状況下で、孤独な中年警視グレイスがマイケルの救出に乗り出す!
仏・英でミステリ賞に輝いた瞠目のシリーズ第1弾。



独身最後の夜に、悪友たちとハメをはずす“スタグ・ナイト”。
結婚式を週末に控えた火曜日、新郎のマイケルは幼なじみたちと飲みに行く。
過去、友達のスタグ・ナイトには、新郎が結婚式に遅刻してしまうような悪戯を仕掛けたマイケルなので、いよいよ仕返しをされる番だ。
エロ本、ウイスキーの瓶、トランシーバーと一緒に、呼吸用の細いパイプが造り付けられた棺桶に放り込まれ、「数時間後に掘り出してやるから」と林の中に埋められてしまった。
ところが、友人たちの乗ったバンが事故に遭い、意識不明の一人を除いて全員即死。
車の中に残されたマイケルとの連絡用のトランシーバーは、知的障害のある男性に拾われる。
翌日、マイケルと音信不通だとフィアンセの美しい女性が警察署に助けを求めた。
担当したブランソンは「スタグ・ナイトだろ。すぐに帰ってくるさ」と軽く受け止めていたが、ブランソンから相談を受けたグレイス警視は違った。
自分も愛妻の失踪から9年がたってもあきらめきれず、待ち続け、探し続けていたからだ。
フィアンセの悲痛な訴えに同情し、目撃者も手がかりもない失踪者を探し始めるグレイス警視。
しかし、生き埋めのマイケルの命には、タイムリミットがある。



確か本関係の雑誌かムックで好評を目にしたんだと思います。
あらすじを読んで、「うわっ、これは!」ってどうしても読みたくなり、日本から取り寄せ注文しました。
まっさきに脳裏に浮かんだのは、レイ・ブラッドベリの短編『泣き叫ぶ女の人』(←邦題、うろ覚えですが)。
裏の空き地に生きたまま埋められた女の人の泣き叫ぶかすかな声を、たまたま近所の子供たちが聞きつけ、あわてて大人に知らせるのだけど、誰にも信じてもらえなくて……ってお話でした。
うあああ、生き埋め、怖いです!!

この『1/2の埋葬』も、グレイス警視やマイケルのフィアンセが、手がかりもないまま奔走している間にも、棺桶の中のマイケルは確実に死に近づいていってる緊迫感ともどかしさで、読みながら貧乏揺すりが止まりませんでした。
さらに、これが事故ではなくて、計画されたものだったとしたら……

二転三転するストーリーに最後の最後まで振り回され、目眩がしそうでした。
また、たびたび霊能者(超能力者??)の力を借りる捜査方法のため、マスコミに色モノ扱いされ、職場でも浮いていまっているグレイス警視の痛々しさや、そうやって藁にもすがる思いで妻の行方を求める愛の深さが胸を打ちます。
微オカルトチックな要素も、寂しい中年のグレイスの生き方という意味でも楽しめました

夜更かし覚悟のオススメ作品です。




★★★★★





素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 海外の文芸作品

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/303-e0caa51c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。