■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 』桜庭 一樹  

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)
(2004/11)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
大人になんてなりたくなかった。傲慢で、自分勝手な理屈を振りかざして、くだらない言い訳を繰り返す。そして、見え透いた安い論理で子供を丸め込もうとする。でも、早く大人になりたかった。自分はあまりにも弱く、みじめで戦う手段を持たなかった。このままでは、この小さな町で息が詰まって死んでしまうと分かっていた。実弾が、欲しかった。どこにも、行く場所がなく、そしてどこかへ逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。山田なぎさ―片田舎に暮らし、早く卒業し、社会に出たいと思っているリアリスト。海野藻屑―自分のことを人魚だと言い張る少し不思議な転校生の女の子。二人は言葉を交わして、ともに同じ空気を吸い、思いをはせる。全ては生きるために、生き残っていくために―。これは、そんな二人の小さな小さな物語。渾身の青春暗黒ミステリー。



父を事故で亡くした中学2年の山田なぎさは、スーパーのパートで働く母と、引きこもりの兄の3人で生活保護を受けながら暮らしている。
家族仲は良いが生活は苦しく、中学を卒業したら高校に行かずに自衛隊に入り、生活力という“実弾”を早く手に入れたいといつも願っていた。
そんななぎさのクラスに東京から転校してきたのは、芸能人の娘・海野藻屑だった。
元アイドルシンガーで現在は作詞家の父と女優の母をもつ藻屑は、人目を引く美人で、ブランドものの服に身を包み、大きな家に父と二人きりで住んでいる。
しかし、自分は人魚だと言い張ったり、周囲と馴染もうともしないエキセントリックな言動で、次第にクラスで孤立してゆく――リアリストのなぎさから見た藻屑は、砂糖菓子の弾丸をぽこぽこと撃ちまくっているようで好きになれなかったが、なぜか藻屑はなぎさにつきまとう。
そして、偶然目にした藻屑の体に残された多数の痣の理由に気づいてしまう。




ライトノベルながら、ミステリとしても大変評価の高い作品ということで、表紙に躊躇しながらも読んでみました。
桜庭さんの文体は『赤朽葉家の伝説』で慣れて、むしろ好きになっていたので大丈夫だったんですが、藻屑の言動やルックスが登場するなり奇妙で、どうなることかと不安でした。
でも、読み進めるうちに……だいぶ後になって、藻屑の秘密が見え始めてからですが、なぜ彼女が“そういう子”になったのかが納得できて悲しくなります。

なぎさも藻屑も、家庭に問題を抱えていて、それは何も彼女たちが悪いわけではないし、子供の力ではまず解決できないことなのに、なぎさは歪んだ家計、藻屑は歪んだ愛情のためにもがいてる姿が痛々しい。

また、亡くなった父の保険金を食いつぶす引きこもりの兄(なぎさは“貴族”と呼んで慕っている)や、普通の愛し方ができない藻屑の父、引きこもりの弟を持つ担任教師、好きな女の子のことを理解できなくて暴力をふるってしまう男の子etc.、脇役たちもみな、現代社会でよく見かける、どこか心を病んだ人ばかり。

人形のような女の子二人が、夢見るようにうっとりと抱き合う甘いカバーと扉絵ですが、テーマは子供の虐待という重いものです。
物語の始まりからは想像もつかない暗くて悲しい展開は、好き嫌いが分かれるかもしれません。
私としては、とても満足した作品でしたが。
そうそう、一つ難を言えば、文中のイラストが可愛すぎて、私の脳内イメージとはかけ離れていました。
なので、イラストがない版で読んだ方がよかったかも。




★★★★★




素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ




砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

↑ライトノベル以外のレーベルからも出ています



スポンサーサイト

category: 桜庭 一樹

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/307-de63d77d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。