■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『流星の絆』東野 圭吾  

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

内容紹介
惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。

「この小説は私が書いたのではない。登場人物たちが作りだしたのだ。」――東野圭吾

息もつかせぬ展開、張り巡らされた伏線、驚きの真相、涙がとまらないラスト。すべての東野作品を超えた現代エンタメの最高峰

第43回新風賞受賞



獅子座流星群を見るために、洋食屋を営む両親の目を盗んで深夜に家を抜け出そうとした小6の兄・功一と小4の弟・泰輔は、小1の妹・静奈に見つかってしまい、せがまれるまま、仕方なく3人で出かけた。
2時間ほどたって家に戻ると、両親が居間で刺殺されており、裏口から飛び出した人物の顔を、泰輔だけが目撃していた。
それから十数年後。
両親を失い施設で育った3人は、功一が計画を立て、静奈と泰輔が男を騙して金を巻き上げるという詐欺で生活をしている。
両親殺害の時効も迫ったある日、功一が次のターゲットとして選んだ男・戸神は、都下にチェーン展開する洋食店の2代目だった。
仕事一筋で女っけがなく、金には不自由していなさそうな戸神に、聡明で育ちの良い女子大生を装った静奈が近づく。
ところが、ひょんなことで戸神の父親を目にした泰輔が、両親が殺された夜に裏口から逃げて行ったのはあの男だ、と功一に打ち明ける。
自分たちの稼業が露見するのを怖れ、警察に通報することもできない兄妹は、捜査の手が戸神に向けられるよう、誘導工作をするが――。



「これは泣けるよ!」と友人に薦められて読んでみました。

たまたま家にいなかったために生き残った子供たちが、殺されてしまった両親の敵を打とうと、固い絆で結ばれて生きていく……という設定がすごくよくて、それだけで子を持つ親としてはウルッときますね。
でも、もっともっと、子供たちの心情を深く描いて欲しかったなぁ。
きっと彼らは、生き残ってよかったとは思ってないですよね。
だって、小さすぎるもの。
「自分たちも両親と一緒に殺された方がよかった」って、きっと何度も思ったんだろうなぁ。
そんなことは作品中にはひと言も書いてないけど、特に一番下の静奈なんて、殺人犯への憎しみよりも、親を求める気持ちの方が強かったんだろうな、と想像して辛くなりました。
でも、施設でのエピソードなどがもっと書き込まれていると、もっと濃いストーリーになったんじゃないかな。
いっそ、上下巻の長さでもいいくらい。

やっていることは犯罪だけれど、兄妹3人で寄り添って、3人だけを信じ合って生きてる姿がいじらしくて、キャラクターとしても大好き。
だから、詐欺がうまくいくとこちらまで嬉しくなるし、幸せになって欲しいなぁと応援するような気持ちで読んでいました。
対照的な性格ながら、お互いを認め合ってる功一と泰輔の兄弟と、彼らが絶対に守りたい血の繋がらない妹の静奈。
特に泰輔は静奈のことが、妹ではなく女として好きなんじゃないか、などと妄想したくなる台詞にドキドキしました。

静奈が戸神を好きになったこと自体は、物語の展開にはあまり関係なさそうな気がするけど……だんだん深まっていく静奈の想いや、女慣れしてない戸神のじれったさには共感できます。
ミステリとしては……うーん、どうかな。
いまひとつ?
展開の意外性はあったけど、犯人の動機に深みがないというか、なんというか。
犯人の心理も、もっともっと書き込んでくれたらよかったのに。
設定がドラマチックだっただけに、少し残念。


そういえば、ドラマ化されてたんですね。
知りませんでした。
写真だけ見てると、錦戸亮くんが長男・功一のイメージなんですが、二宮和也くんだそうです。
兄に守られた末っ子の静奈役は、戸田恵梨香ちゃんでピッタリですね。
ドラマ、見たかったなー。



ドラマ『流星の絆』



★★★★☆




素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: 東野 圭吾

thread: 推理小説・ミステリー - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/312-561e1dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。