■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『ミミズクと夜の王』紅玉 いづき  

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作、登場。



読書ブログ繋がりのこたつさんに紹介していただいて、読んでみました。
正直なところ、ファンタジーものは得意ではないし、主人公の女の子・ミミズクの話し方が苦手で、「これは最後まで読めないかも」としょっぱなから諦めかけていたんですが、とんでもないです。
おとぎ話のような世界に、気づいたらあっという間に引き込まれていて、ああ、もう、不覚ながら何度も泣かされました。
最後の方なんか、鼻水ズルズルでティッシュの箱を抱えながら読んでる始末。

なにこれー。
すごく残酷で、すごく美しいお話。
人間が醜くて嫌いになるけど、後半はだんだん好きになれる。
「捨てたモンじゃないじゃん?」て。
風刺も教訓も一杯盛り込まれてる(気がする)。
言葉は悪いけど、ちょっと頭がユルいしゃべり方をするミミズクは、人間によって知性も感情も奪われてしまった奴隷。
それでも「死にたい。できることなら醜い死体を晒すことなく」なんて望んで、夜の王に「食べて」と願う、そのわずかに残された人間らしさからしてせつない。

男女の恋愛感情とも、友情とも違うような、お互いに引かれ合い、失いたくないと心の底から思うミミズクと夜の王の真っ直ぐで、ひたすらな想いが胸を打ちます。
ダンテス王も、四肢の不自由なクローディアス王子も、聖騎士・アン・デュークとその妻・オリエッタも、それぞれに譲れないものがありながら、それぞれの立場でミミズクを愛する姿が泣ける……。

こたつさん、素敵な本のお薦め、ありがとうございました!
また何かありましたら、ぜひ教えてくださいね♪



もしも万が一アニメ化されるなら、アン・デュークの声は石田彰さんでお願いします。
と、余談ながら書いてみます(笑)。





★★★★★





素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: ライトノベル

thread: ライトノベル - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 4

コメント

コメントありがとうございます(^^)

>月夜さん
お返事がすっかり遅くなってしまって申し訳ありません!

このミミズクの口調が苦手、っていう方、あちこちのレビューを読んでるとたくさんいらっしゃるみたいですね。
なんであんな口調で書いたのかしら、と考えてみると、知性に欠けるミミズクの、でも(だから)邪心のない真っ直ぐな感情を表現したかったのかしら、としか思いつかないです。
もしかしたら、もっとベテランの作家さんや、文学を書かれる作家さんでしたら、「あの口調が苦手……」とは思わせない表現をされたのかもしれませんね。
それでも、私も、優しくて一生懸命な登場人物たちや、暗い森の描写などが大好きな作品です(^^)

URL | ゆう #yBDt5Ksg
2009/05/05 04:49 | edit

こんばんは♪

私も、ミミズクの口調が苦手で苦手で^^;
結局最後まで克服できなかったので、
この物語の良さも半分だったんだと思います。。。

それぞれが自分の思いを貫こうとする姿が綺麗だなと感じました。
そして何より、世界観がすごくお気に入りの作品です♪

URL | 月夜 #-
2009/04/17 09:31 | edit

No title

>こたつさん
素敵な本をすすめてくださって、ありがとうございました!
私、ラノベに関しては本当に経験値が低くて、評判のいい作品も作家さんもわからないので、手を出したくてもなかなかできずにいたんです。

この作品、ミミズクの話し方が、「え?もしかしてケータイ小説のノリかしら!?」と一瞬ひるんだんですけど、そうじゃないんですよね。
その理由がわかってからは、むしろミミズクの話し方がせつなくて。

また紹介してくださいね。
こたつさんとは、味覚が似てるような気がしてます(^^)

URL | ゆう #yBDt5Ksg
2009/04/13 04:23 | edit

お気に召していただけましたか?

楽しく読んでいただけたようで嬉しいです。私も最初、ミミズクの話し方がどーにも辛かったですe-263
また、面白そうな本がありましたら、押し付けがましくもオススメさせていただきますね。

URL | こたつ #-
2009/04/12 10:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/313-085e82b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミミズクと夜の王

ミミズクと夜の王/紅玉 いづき ¥557 Amazon.co.jp 死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。 全ての始まりは、美しい月夜だった。 ―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。 魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪...

Over The Moon | 2009/04/18 00:28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。