■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『破獄』吉村 昭  

破獄 (新潮文庫)破獄 (新潮文庫)
(1986/12)
吉村 昭

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
昭和11年青森刑務所脱獄。昭和17年秋田刑務所脱獄。昭和19年網走刑務所脱獄。昭和23年札幌刑務所脱獄。犯罪史上未曽有の4度の脱獄を実行した無期刑囚佐久間清太郎。その緻密な計画と大胆な行動力、超人的ともいえる手口を、戦中・戦後の混乱した時代背景に重ねて入念に追跡し、獄房で厳重な監視を受ける彼と、彼を閉じこめた男たちの息詰る闘いを描破した力編。読売文学賞受賞作。



著者は前書きで、『矯正行政に長く関わった、とある人物から聞いた話』と断わっているが、“昭和の脱獄王”と呼ばれた元受刑者・白鳥由栄氏の4度の脱獄を、戦中~戦後という国全体が必死に生き延びようとしていた時代を背景に描いた、実話ベースの小説である。
鍵穴のない、ボルト止めの特製手錠さえ外し、脱獄は不可能と言われた網走刑務所の独居房からも、看守の誰一人として傷つけることも、武器などで脅すこともなく逃走した知恵と体力は圧巻。
密室ミステリさながらの脱出法には驚くばかり。

同時進行で描かれる戦中戦後の様子も興味深い。
空襲によって破壊された全国の刑務所の実状や、そこから逃走し、行方不明のままの囚人の数。
また戦後の食糧難では、餓死する一般市民が増える中、定められた一日の食事の分量を看守たちの尽力によって保たれていながらも、炭水化物に極端に偏った栄養摂取のため、次第に飢えた一般市民よりも囚人の方が死亡率が高くなるなど(脚気によるものらしい)、前回読んだ同著者の『漂流』にもあった死因が興味深かった。

前半はやや冗長的。
同じような場面の繰り返しとも思える表現も。
しかし、この作品の見せ場は、なんといっても囚人・佐久間の脱獄の見事さと、看守との交流だろう。
各刑務所ごとに、佐久間と看守の間に理解があったりなかったりで、佐久間の態度(というか、脱獄への情熱)が変わってくる。
そして終盤、札幌刑務所から府中刑務所への移送は、脱走を防ぐため、米軍専用の貨物コンテナに4人の看守とともにまさにカンヅメ状態となって汽車で運ばれる。
この緊迫した長旅と、最後に模範囚として過ごした府中刑務所に落ち着くまでの看守とのやりとりが、この作品のクライマックスではないだろうか。

イソップ寓話の『北風と太陽』を思い出した。





★★★★☆





素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

category: 吉村 昭

thread: ノンフィクション - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/319-52dc7c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。