■ 慢性濫読 ■

最近めっきり物忘れがひどいので、簡単な読書メモです。ミステリ多め

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『機長からアナウンス第2便』内田 幹樹  

機長からアナウンス第2便 (新潮文庫)機長からアナウンス第2便 (新潮文庫)
(2005/08)
内田 幹樹

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
霧や雪の中での離着陸、機体への落雷、車輪が出ない、急病人発生!…飛行機に乗ると、誰でもヒヤリとしたことがあるはず。そんな時、コクピットの操縦士たちはどのような会話をして、アクシデントに対処しているのか。元機長の作家がこっそりあなたに打ち明けます。操縦ミス、名物機長やCAさんのこと、制服、機内食、空港の話も盛り込みました。大好評の航空エッセイ第2弾。



元A社の旅客機パイロットであり、晩年は推理小説作家として過ごした内田氏のエッセイ、というか、業界裏話暴露本の第2弾。
バーのカウンターでついポロッと漏らしてしまったような、オフレコ話が本になった前作に続いて、今回もその路線。
でも、もうちょっと男性向けかな?という印象でした。
ジャンボという乗り物を運転する上での裏話や、整備現場の実状など、車やオートバイが大好きな私には、より楽しめました。
特に、内田氏の先輩パイロット(昔は旧日本空軍のパイロットだった)が、自動操縦が利かない上に視界の悪い中、横の窓から外を見ながら完璧な着陸するエピソードは印象深くて、映画などで飛行機の着陸シーンを見るたびに思い出してしまう。


そもそも、私自身が大の飛行機嫌いにもかかわらず、実家に帰るにも飛行機に乗るしかない(しかも10時間以上!)という境遇。
以前なにかのレビューでも書いたように、“怖いもの見たさ”で手にした前作の表紙でしたが、冷静で聡明さを感じさせる内田氏の文章が、今ではすっかりお気に入りです。
残念ながら内田氏は2006年、癌のため66歳で死去されたので、この“呑んだくれエッセイ”の第3便は出版されることはないけれど、氏の推理小説はすべて入手済みなので、ゆっくりじっくり楽しむつもりです。




★★★★★






素晴らしい書評ブログさんが集まっています♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: 内田 幹樹

thread: エッセイ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://manseirandoku.blog42.fc2.com/tb.php/339-320bb97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。